深い関係の嗜好判断の参考になる冥王星

sponsored link

ご存知の方はご存知だと思うのですが、

火星は能動的な意味でセクシャルな天体です。

しかし普通と言えば普通の範疇かも知れません。

もっと根本的コントロールし難いものが

冥王星になります。

程度の比較としては、火星はワンナイトの

過ちで済むところが、冥王星はしばらく

はまってしまう感じになります。

誰もが読むことが出来るブログなので

詳細に書くことは出来ませんが、まずは

冥王星のあるハウスをチェックすることを

お勧めします。

第12ハウスの解釈は難しいので少しだけ

書くと秘密のベールを剥ぐみたいな

感じになります。

そのような希望を具体的に秘密裏に行いたい

といったような嗜好です。

その内容がソフトなものなのかハードなものが

好みなのかと言うのは、アスペクトとアスペクトを

作る相手の天体で決まります。

もちろん、星座の組み合わせも考慮して下さい。

いっぺんに考えるとややこしくなるので

1、どんな感じで本能が働くかは、ハウス。

2、ソフトかハードかは、アスペクト。

3、どんな感じか?(例、技巧に走るとか)は

星座の組み合わせとアスペクトの性質を

併せて考えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!