恋愛の成就と第5ハウスの関係(5ハウス 強い)

sponsored link

第5ハウスが重要な理由は、創造性を担うハウスだからです。

恋愛の意味もあるのでは?と思われるかも知れませんが、

そもそも恋愛はクリエイティブなものです。

素晴らしい(目が覚めるような)恋愛をしたければマニュアルに

頼らずにアーティストになったつもりで、恋心を

披露することです。

もちろん誰もが創造性を恋愛に向ける必要はありません。

ビジネス、スポーツ、冒険、学問でも何でもありです。

何に恋をしても自由だと考えると第5ハウスの本質が

理解し易いかも知れません。

ですから創造性と恋心を表現する恋愛は、同じような

意味を持ちます。

もっと言えば創造性は、自分独自のものではありません。

とてもスピリチュアルなものであってどこかに存在する

美しい在り方を真似ることです。

例えば東出昌大さん(推理したホロスコープ)や眞子様は、

第5ハウスにリリスがありますから創造性を恋愛に向けて

発揮することにためらいがありません。

眞子様は、第5ハウスに天王星がありますから独創性も

発揮しようとされます。

常識的な恋愛(創造性)では、納得出来ないのです。

sponsored link

第5ハウスの創造性を恋愛以外に向けても同じです。

どこかに存在する美しいと感じる在り方を

真似ることで上手くいきます。

最初の赤い文字で強調したようにそれはスピリチュアルな

ものではありますが、そのようなものは眼で見えませんから

多くの人の取り組みを学んで自分自身が美しいと思うものを

真似ることから始まります。

創造性(第5ハウス)の12番目のハウス(無限の豊かさとして

眠る混沌)は、第4ハウスですから良いと感じたことを

真似ることが創造性を引き出す方法になります。

誰もが何らかの美しさを求めていたはずなのにこじれたり

色褪せていくのは、第5ハウスが輝く条件である冒険・探検

といった挑戦する要素を忘れたり最初から除外するからです。

どんな恋愛でもどんな種類の対象に創造性を向けても

そこに良い意味でリスクを取る態度があれば輝きますし

周囲の理解が得られます。

例えば眞子様の場合なら一般市民になってからであれば

誰と付き合っても貫いたと思われるでしょう。

ただ眞子様の場合は、第5ハウス以上に第4ハウスに

天体や感受点が集まっていて第4ハウスの支配星が第4ハウスに

ありますから恋愛以上に眞子様自身の出自に誇りを持ち

そこに重きを置いているタイプの人です。

良い意味でのリスクは、取り難いかも知れません。

このようなタイプの人は、出来れば恋愛以外のことに

創造性を発揮した方が良いのですが、眞子様の場合は、

ホロスコープ全体を読むとそれもまた難しい部分があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!