泣けないタイプの人(第5ハウス土星の背景)

sponsored link

少し前かどうか忘れてしまいましたが第5ハウス土星で

検索されていたことがあります。

単品のキーワードだけだとホロスコープ全体を見た時に

ニュアンスが変わる場合もあるのですが、第5ハウスに

土星があるタイプの人は、自由に振る舞うことを

自分自身に禁じてしまっているかも知れません。

そう言った意味では、とても我慢強い人です。

誰かにこうしてと言われたことをこなす方が上手く

出来ますから有能な頑張り屋さんにもなれます。

そこで問題になるのは、土星のサイン(星座)です。

ナチュラルな気持ちを出し難いと言っても許された範囲の

中での感情表現は、巧みに出来ますしサイン(星座)の

自由度が高ければ、より広い範囲を舞台にして感情表現を

行うことも可能です。

ですから第5ハウスに土星がある人は、休みの日に自宅に

いることが多くても仕事であればいくらでも応じることが

出来ることも多々あります。

例えば、このような土星が金星とアスペクトを持っていると

ルールや役割、方法等が決まっている仕事や金星が関わる

表現活動等の中の方が活かし易くなります。

言い方を変えれば自分自身のためには、素直に泣けない

けれども他人のためであれば泣ける、頑張れるといった

感じかも知れません。

sponsored link

このようなタイプの人は、心の深い部分のどこかに

触れてしまうと不安定になる部分を持っています。

これを回避するために自由な感情表現を禁じています。

その上でそれを克服しようとします。

土星が関わることは、長い年月がかかりますが

最終的に得意になれることでもあります。

どのような感じ方を回避しようとしているかは

ホロスコープのどこかに表れていますから、気になる方は

調べてみて下さい。

土星は、重要性の高い天体なので、自分自身の土星が

持っている背景を抑えておくと何かあっても気落ちせずに

楽に頑張れるかも知れません。

何よりも土星は、最終的に人生を支えてくれる天体ですから

深く掘り下げていく価値があります。

そしてその土星が持っているテーマに対して、今どのような

目標を持って頑張っているのか意識出来ていると楽しいものです。

どんな分野の仕事でも愛でも土星にきちんと取り組める

タイプの人は、長続きします。

最終的に落ち着いていく場所とも言えますから土星のある

ハウスの活かし方を知っておいて損はありません。

自由に振る舞うことが出来ないのではなく何らかの型を

通して少しずつ触れられない感情を癒していくと

考えると良いかも知れません。

そしてその内面とは関係なく型の部分は、仕事の技術として

残るので、それはそれで立派な武器になります。

上手く泣けなくて苦しい時もあるかも知れませんが

良い面も沢山あります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!