第5ハウス冥王星と子供と性の問題

sponsored link

第5ハウスにある天体は主観に生きていますから

客観的にみると我がままですが、沈滞しそうな

社会を賑やかにする力があります。

その中でも第5ハウスにある冥王星は、性的な

関心や嗜好に対する過激さを表しています。

性的表現に対する冒険という文脈で解説される

ことが多いですが、第5ハウスにある以上

何らかの形で表現されなければ、誰かが

担うかも知れません。

第5ハウスにある天体は本人自身が我がままに

なれなければ、誰かを通してその性質を

発揮しようとします。

誰かと書きましたが、ペットとかでも構いません。

ペットを大切に世話をするという名目で

自分自身の主観を解放するのです。

これが第5ハウスにある冥王星の場合は

本人が性的な表現が満たされていないと

子供がそれを担いがちです。

それがどのような結果になるかはそのアスペクトの

内容次第です。

sponsored link

卑猥なものになるのか、早過ぎる親となって

しまうのか、芸術的な表現となるのかは

微妙なところです。

そこを分けるのは実は第4ハウスです。

詳細に考えるとどのような内容であっても

ホロスコープ全体の問題になりますが、

第5ハウスにある天体がどのような表現方法を

取るかは第4ハウスから想像することが出来ます。

第5ハウスにある冥王星も例外ではありません。

第4ハウスが火のサイン、特に射手座だと

奔放になるでしょうし、水のサイン特に蠍座

や魚座だと初めての体験が早いかも知れません。

ハウスの影響としては意味合いからの解釈も

ありますが、単純に一つ前のハウスはその

ハウスにとって過去であり、一つ先のハウスは

未来を表しています。

第5ハウスは第4ハウスという家庭で貯め

込まれたものが表現されるだけですから、

第5ハウスに冥王星があったとしても

本人の恋愛事情が活発になるわけではありませんし、

本人自身が第5ハウス冥王星を抑圧して、それが

子供に投影されたとしても芸術的表現の場合も

あります(第4ハウス獅子座の影響)。

第4ハウスが山羊座だとなかなか自信が持てずに

奥手の子供になります。

もちろん、本人自身がそのようなキャラクター

である場合もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!