第5ハウスが強いタイプの人が幸せになるポイント

sponsored link

第5ハウスに天体や感受点が集中しているタイプの人や

太陽や月、ドラゴンヘッド等重要な天体や感受点がある

タイプの人が幸運になるポイントは、他人に何を

与えられるかに尽きます。

もちろん、与えると言っても物品をプレゼントするという

直接的な意味ではなく、自分自身の能力を通して様々な

豊かさを表現するということです。

ここに駆け引きは、ありません。

信じるままに表現して必要な人が受け取ってくれるのです。

今回の記事は、一見先に記事タイトルの答えを先に書いた

ように思われたかも知れませんが、書いていません。

第5ハウスが強いタイプの人が幸せになるコツは、「恐れ」を

克服することです。

一方的に輝いて見返りを求めない表現には、誰にも必要と

されなかったら個人的なエネルギーは、枯渇するのでは

ないか?という潜在的な恐れを抱かせます。

だったら真面目に努力をすれば良いのでは?と思われる

かも知れませんが、第5ハウスが強いタイプの人は、そもそもの

問題として自分自身が表現したいことに取り組みたいという

激しい願望を持っています。

つまり基本的に我がままなのです。

しかし単なる我がままでは終わらないものをネイタルの

ホロスコープに持って生まれてもいます。

それは強い思いなのか、才能なのかは、分かりませんが

譲りたくない何かです。

やりたいこと意外に関心が向けられないような気質です。

そのことによって生じる構造的な不安と自分自身の強い

潜在的な願望が常に対立的に存在することで恐れが

生じてしまいます。

sponsored link

それぞれの第5ハウスが強いタイプの人によって恐れの原因や

理由は、異なりますからこれ以上は言及しませんが、恐れに負けて

生き方を引っ込めても上手くいきません。

第5ハウスのサイン(星座)が何であっても創造に対する意欲を

燃やし続けるしかありません。

自分自身の感情にはまり続けることが出来ずにふっと冷めてしまうと

急速にエネルギーも抜けていきます。

ですから創造性とかクリエイティブと言えば言葉の響きは綺麗

ですが個人的な思いが磨かれる前は、とても自己中心的な心情でしか

ないものです。

それを何度も冷めたり熱くなったりを繰り返しながら多くの人に

役立つようなものに創り上げていくことになります。

その過程で恐れも克服されていきます。

恐れが無くなるのではなく恐れのクオリティーが変わっていきます。

それはかなりエキサイティングな生き方です。

ロマンチストでもあります。

夢を負い続けた結果として何らかのリーダーシップも身に付きます。

独立志向の強いタイプの人ですが、常に称賛を求めてもいます。

しかし妥協することは出来ないのです。

それは喜びを磨きあげる過程と言えます。

同時に苦しみを磨き上げていくプロセスでもあります。

時には、自分自身の生きるべきコースから外れてしまうような

経験もするでしょう。

それでも何度でも自分自身の生きるべき道に戻って来なかったら

第5ハウスが強いタイプの人は、明らかに敗北です。

エゴを放棄したら、そこで終わりです。

負けないためには、エゴが愛と同じ価値を持つまで徹底的に

燃え続けることが必要です。

第5ハウスに天体や感受点が多い場合のその他の記事です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!