恋愛とDV(第5ハウス)

sponsored link

DVの違うパターンはこちらです。

第5ハウスに天体が3つ、4つあったり

第5ハウスにある天体がスクエアを

形成していたりすると、一時期DVに

なる可能性が高くなります。

第5ハウスに過剰に意識が集まり過ぎて

その関心が恋愛のみに向いた場合、どうしても

自分のイメージを相手に押し付けてしまい、

そのイメージから、はみ出すことに対して

怒りを感じるのです。

第5ハウスは、自分の好み、憧れを、一方的に

交際相手や結婚相手に期待するので、そこから

はみ出した場合、失望を感じて、怒りを正当化

するのです。

憧れは恋愛のきっかけにはなりますが、

現実の恋愛にそのような感情を持ち込み過ぎても、

交際相手は生身の人間ですから様々な面を持ちます。

自分の中のイメージが先行し過ぎて、それを

許容することが出来ないのです。

たとえ、第5ハウスに太陽が一つだけ入っていても

過剰に恋愛に期待したりします。

その太陽と火星がスクエアを作っていたりすると

自分の憧れと交際相手が違うという事実に対して

理解が及ばない間は、火星のスイッチが入り

易くなります。

そういうタイプの男性は、理想を得られないと

理解すると、実際の女性を拒否する場合もあります。

第5ハウスとDVの関係は、第5ハウスの過剰な

憧れの期待を趣味等に振り向けられるようになると

問題は解消されます。

それは、第5ハウスが成熟するということです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!