乙女座のエネルギーが強いタイプの人が幸せになるための二つのポイント

sponsored link

乙女座のエネルギーが強いタイプの人に付いて書いています。

第9ハウスが乙女座と第12ハウス乙女座を主に取り上げて

説明しています。

乙女座に複数の天体があるだけでなく、太陽や月があったり

ノードがある場合も重要です。

第9ハウスは、社会参加も含めた上で個人的な成長の頂点です。

第10ハウスに入ると個人の成長の意思よりも社会的な構造の

一部に組み込まれてしまい個性の主張よりも実際的な働きを

重視します。

第9ハウスが乙女座の場合は、あくまでも個人的な成長において

細かい点を追求しますから、それが活かされた場合は、とても

仕事を完璧にこなそうとしますし、細部にまでこだわり抜きます。

第9ハウスは、思想的なハウスですがそのような価値観を実際に

物事に落とし込むことでそれ自体(主に仕事)が動き出します。

そう言った意味では、仕事においては、第9ハウス乙女座も

第10ハウス乙女座もパッと見違いが分かり難いかも知れません。

ネイタルのホロスコープだけではなくトランジットやプログレスも

含めて乙女座が強く働く場合は、無駄を嫌い最も少ないエネルギーや

資源、材料で大きな成果を出そうとします。

どのハウスの乙女座のエネルギーが強くてもプライベートでは

口うるさくならないように配慮が大切です。

乙女座のエネルギーが強いタイプの人の幸せのポイント1

その理由は、自分自身を強く意識するからです。

内面の実感としては乙女座の強いハウスによってかなり異なりますが、

良かれ悪しかれ自分自身の状態を常に意識していることが

共通するポイントになります。

人によってどのように受け止められるか分からない部分がありますが、

一言で言えば自意識です。

これをポジティブに扱いながらも他の意識に対して盲目にならない

ことが大切です。

特に第9ハウスが乙女座のばあいは、マックス状態まで自分自身の

実際的な能力(思想的なものが実際に反映される受け皿としての能力)を

磨くことに専念するところがあります。

乙女座だけでなく感覚的なものは、実際的な働きを得ると本人自身から

離れていくらでも進んでいくところがあります。

ある程度までは、優秀という評価で済みますが、それを超えると

スピードを出し過ぎた自動車のような危険性があります。

sponsored link

乙女座のエネルギーが強いタイプの人の幸せのポイント2

乙女座のエネルギーが強いタイプの人は、取り組む分野の適正は、

それぞれでも、技術を伸ばすことが幸せのポイントになります。

例えば第12ハウスの乙女座のエネルギーが強い場合は、実際的な

働きは、かなりスポイルされます。

何故なら第12ハウスの基本星座は、魚座だからです。

あくまでも日常的な範囲にこだわるのであれば心理的な分野に

従事すると良いかも知れませんが、第12ハウス乙女座は

霊的イメージを視覚的に捉える能力も潜在的に持っています。

そもそも魚座と乙女座は打ち消し合う部分がありますから

実際的な働きを確立するまで時間がかかるかも知れません。

度数やそれぞれのハウスにある天体や感受点のコンディション

にもよるでしょう。

霊を視覚化して捉えて何かに役立つのかという疑問を持つ人も

いるでしょうし、それ以前に繊細さに苦しんでいるかも知れません。

学術的な配置が強いタイプの人であれば心理学を学んでそれを

活かした仕事に就くこともお勧めです。

まったく自由な配置が多いタイプの人ならば霊的な感性を活かすのも

ありだと思います。

乙女座で言うところの実際的な働きとは、誰かの役に立つことです。

どんな狭い範囲のニーズでも応えていく姿勢があれば、大丈夫です。

何かに役立つことは、その他には役立たないことも往々にして

あります。

乙女座のエネルギーが強いタイプの人は、細かい点を追及して

いきますから専門性が伸びるほどそうなる傾向があります。

しかしそれは、嬉しいことです。

もしそれに対して怖さがある場合は、何かしら心理的なバイアスが

あるかも知れません。

それと向き合わないと形を変えて乙女座のエネルギーが強いタイプの人の

心理的な境界線や物理的な境界線に何かが侵入しようとします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!