三浦春馬のハンドサインと比嘉愛未さんのタロット占い(スピリチュアルな対話)

sponsored link

三浦春馬さんのハンドサインと比嘉愛未さんという記事で

「比嘉愛未さんの太陽双子座のサビアン度数は、双子座23度です。

この度数が太陽にあれば、重要なこととそうでないことを識別する

自我ですからしっかり者と言えるでしょう。

比嘉愛未さん太陽と三浦春馬さんの月のセクスタイルの相性は、

異なる視点から助け合えますが、月側の三浦春馬さんが

助けて欲しいと願うのが自然です。

比嘉愛未さん個人に具体的に助けて欲しいということではなく

月ですから知識として持っていたハンドサインを何となく

無意識にしてしまったのかも知れません。」

少し整理しましたが、こんな感じで書きました。

1枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

ワンドのペイジを素直に読むとメッセンジャーです。

比嘉愛未さんは、誰のメッセンジャーだったのでしょうか。

逆位置ですから三浦春馬さんにとってのメッセンジャー

ではないのでしょう。

2枚目のカード

恋人の逆位置

恋人のカードの逆位置ですから比嘉愛未さんが三浦春馬さんに

対して協力するような気持ちがないことを示しています。

ただこの恋人のカードは、4枚目の審判のカードの逆位置に

繋がっていて結び付くことでこれまで無理だったことが

通るような素晴らしい内容を示しています。

ややこしいかも知れませんが、三浦春馬さんを念頭において

タロットカードを引いた結果、この2枚は逆位置で出て

来ましたが、メッセンジャーとしての比嘉愛未さんの立場から

見たら2枚目のカードの恋人と4枚目の審判のカードは、

正位置なのでは、ないでしょうか。

1枚目のワンドのペイジが正位置であれば比嘉愛未さんは、

三浦春馬さんのメッセンジャーですが、どうやらそうでは

ないと伝えているのですから、このように考えることも

出来るのです。

恋人のカードの逆位置単体には、一時的な付き合いという

意味合いもあります。

sponsored link

3枚目のカード

コインの4の正位置

2枚目のカードで4枚目の審判のカードまで言及しましたが

その間にある3枚目のカードは、コインの4のカードは、

何らかの利益を守ったり状況を安定させう意味があります。

4枚目のカード

審判の逆位置

2枚目の恋人のカードの逆位置からの流れを考えましたが

審判のカードの逆位置を単体で考えると審判の結果

減っていく、消えていく人間関係という意味があります。

5枚目のカード

ソードの3の正位置

ソードの3ですから三浦春馬さんの考えと異なる

(3つめのソード)を意味します。

本来ならば、異なる考えからそれ相応の新たな豊かさが

生まれるのですが、これまで見てきた通りこのタロット占いには

三浦春馬さんの立場、比嘉愛未さん立場があります。

ですから5枚目のカードを基本的に考えて比嘉愛未さんの

考えは、三浦春馬さんとは異なるものだったという

ことでしょう。

6枚目のカード

コインの8の正位置

6枚目のカードは、基本的には、三浦春馬さんの立場ですが、

このタロット占いは、ちょっと特殊です。

安全策を取ったつもりなのは、三浦春馬さんも比嘉愛未さんも

同じだったかも知れません。

2枚目の恋人のカードの逆位置と4枚目の審判のカードの

逆位置がメッセンジャーとしての比嘉愛未さんにとって

正位置ならば比嘉愛未さんにとっての安全策と受け取った方が

3枚目のコインの4の利益の確保も綺麗に収まります。

7枚目のカード

カップの4の正位置

カップの4は、自分自身の気持ちを殺すことで、今までよりも

大きな存在に繋がるカードです。

一般的な例えで言えば幼児さんのままで親や先生の言うことを

守らずに聞き分けのない主張を続ければ、成長出来ないわけです。

比嘉愛未さんも誰かの言うことを聞いて成長したと

伝えてきています。

まとめ

比嘉愛未さんが誰のメッセンジャーだったのかが分かれば

全ての意味が理解出来ますが、それは分かりませんでした。

このタロット占いの結果は、その相手次第で恐ろしく

意味が変わるものです。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!