スタアや美しい人の捜査と○○○捜査1課長の影響のタロット占い

○○○捜査1課長が変わったそうです。

スタアに対する影響があるのか、カードを引いてみました。

何故、カードを広げるかと言うと、以前の課長さんは、

スタアの捜査に顔を出したということらしいのです。

このような考え方は、美しい人に関しても何かしら異なる

人が捜査していたら、仕事用のノートが遺書扱いされなかった

かも知れなかった可能性に通底する何かがあるかも知れませんし、

淡い期待ですが、これからの進展に期待出来ないかとか、色々

盛り込んだ捜査の手続きや指揮系統を考慮しないタロット占いです。

1枚目のカード

正義の正位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

正義のカードですから、その一つ前の戦車のカードでは、どちらかに

偏った価値観を慎重に比較して結論を出そうとします。

もう一度、断りますが実務的な手続きではなくイメージで占っています。

指揮系統等の具体的な条件は、考慮していません。

正義のカードは、対立的価値観のバランスを取ります。

正位置ですから、その場しのぎではなく、ちゃんと全体的な

見通しが考慮されます。

1枚目のカードですから、このような視点でスタアや美しい人の事件を

見ようとする心情があると読みました。

2枚目のカード

カップの3の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

カップの3のカードですから、組織の要望次第と読むことが出来ます。

周囲が喜ぶようなことを大切にします。

これは流されるということではなく、組織全体の流れを1枚目のカード

解説で慎重に判断した上で、そのような働き方をすると言うことです。

3枚目のカード

コインの4の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

3枚目のカードでコインの4の逆位置ですから、やはり組織の

利益が優先される必要があります。

ここまで読んだ時点では、淡い期待は砕けてしまう状態です。

4枚目のカード

ワンドの3の逆位置

4枚目は、この課長さんの対策カードになります。

やはり当たり前ですが、単独で状況をひっくり返すことは無理な

ワンドの3の逆位置です。

言い方を変えれば、他の人も巻き込まないと無理と言うことです。

このクラスの立場で協力を仰ぐ相手とは、どのような存在

なのでしょうか?

更に突っ込んだことを言えば、そのような存在が何かを言えば

単なる仕事ノートが遺書で通ったり、スタアを自にするために

自分自身で出向くということになるのかも知れません。

この部分を知りたいですね。

5枚目のカード

コインの6の正位置

5枚目のカードは、スタアの現場にわざわざ来た方の本音部分を

表しています。

コインの6の正位置は、実際的な意味での平等性ですから、現実的な

公正さとも言えますから、やるべきことをやっている、自分自身は

正しいことをしていると思っていると読みました。

6枚目のカード

ワンドの10の正位置

6枚目は、新しい方の本音部分を表しています。

ウエイト版であれば、手に負えない(ワンドの10の正位置)と

読むことが出来ます。

マルセイユ版であれば、ワンド(棒)が10本描かれているだけの

数札ですから、命令があれば結果が出るまで頑張ると読めます。

さぁ、どちらが正解でしょうか?

7枚目のカード

魔術師の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

このカードで、これまでの読みの印象は、ガラッと変わります。

まとめると美しい人やスタアの件に取り組む立場になれば

リスクを感じても(1枚目の正義の正位置)、捜査に取り組む

ということでしょう。

上の顔色よりも捜査そのものに忠実に仕事をするイメージです。

融通を利かせて欲しいタイプから見たら嫌かも知れません。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

妄想的なカードを読むことに徹したタロット占いですが、

多くの人は、このような姿勢だと思いたいです。

sponsored link
error: Content is protected !!