三浦春馬さんと上島竜兵さんを通して読む、税金11兆円のタロット占い

上島竜兵さんが亡くなったニュースがメディアに溢れている頃に

重要な仕組みが変えれました。

三浦春馬さんのことも併せて取り上げれば、それだけでメディアは、

三浦春馬さんの名前で全てを埋め尽くされるほど報道出来るだろうに

それを行いません。

それと同時に犬エッチけーがおくにの会議を中継しません。

この違いは、どのようなものなのか、サラッと1セットだけ読んでみました。

1枚目のカード

コインの9の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

動機としては、現実的な利益を第一に考えていると読むことが出来ます。

2枚目のカード

ワンドのナイトの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

この機会を活かして実行する、素早く動いたと読むことが出来ます。

3枚目のカード

ワンドの9の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

この先、専門性の高い成功を狙っていると読むことが出来ます。

三浦春馬さんが愛した国の最も重要なルールの変更かも知れません。

4枚目のカード

カップの10の逆位置

4枚目は、対策カードになります。

1枚目のカードから3枚目のカードを通して、このタロット占いの

主体は、三浦春馬さんでも上島竜兵さんでもないと気が付きました。

詳しくは、書きませんが、今回のタロット占いの主体、つまり、

三浦春馬さんに関する報道と上島竜兵さんに関する報道に差を

付けている主体は、これまでのやり方には、もう辟易としていて

仕事に関するお金を無駄に使うことで何かをやっています。

これが11兆円の件だと読みました。

本来ならば、この対策内容としては、お金の有効活用です。

税金の11兆円(実は、もっと多いとも言われています)ですから

その業務に携わった公務員の能力も無駄になっていると

読むことが出来ます。

5枚目のカード

審判の逆位置

5枚目のカードは、ここまで読んで来ると誰の本音部分を

表しているのでしょうか?

審判のカードは、言い訳をしていたら願いは叶わないと

教えているカードですから、逆位置ですから、望んでいる

何らかの状況に対して内心諦めていると読むことが出来ます。

このような未来になりそうな状況に諦めているのは、

どんな人たちの本音部分でしょうか?

6枚目のカード

カップのナイトの逆位置

6枚目のカードは、11兆円を使ってしまった存在の

本音部分を表しています。

やりたいことが多くあるから最高のルールを変え、11兆円を

自由に使うということでしょう。

7枚目のカード

ソードのクイーンの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

ここまでカードを読んで来るといささかブラックな内容ですが、

ソードのクイーンの正位置ですから、このような目的をきちんと

管理することと読むことになります。

どんなことでも出来る力とお金が手に入るのですから、しっかりと

管理、サポートすることは、当然かも知れません。

最初は、咄嗟に逆位置の間違いではないかと思いましたが、

このような内容を望む人たちからすれば、ソードのクイーンは、

正位置で問題ありません。

今の三浦春馬さんのソードのクイーン(光)へ

株価が、それなりに安定するのも当然かも知れませんし、最終的に

どうなっても、それなりに手厚い待遇があるのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!