遺族と会社は理解し合っているのか?(美しい人のタロット占い)

遺族と会社は理解し合っているのか?確かにそう思うしかないような

状況なのかも知れません。

1枚目のカード

審判の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

審判のカードのカードデザインは、天使が死によって眠った者を

呼び起こす行為を描いています。

このタロット占いで眠っている人は、間違いなく美しい人でしょう。

美しい人が現実の世界で現在、活躍出来る方法は、過去の作品や

映像や書籍等が放送されたり販売されることです。

そう言った意味では、美しい人は、今でも会社のために、家族のために

働き続けています。

このような意味で美しい人を働かせるためには、会社や家族が望む様な

方法で関心を向け続けることで可能になると教えてくれるのが

審判のカードの正位置です。

審判のカードの正位置が成り立つ状況は、天使の呼びかけに死者が

応えて立ち上がることです。

会社と家族が協力している(審判の正位置)と読むことが出来ます。

これは、ただ審判のカードを読んだだけですが、このカードの

ポイントは、どのように理由や目的で協力しているのか?

と言うことです。

一般的なタロット占いであれば目の前にお客様がいらっしゃるので

理由や目的を知ることが出来ますが、スピリチュアルタロットでは、

そこも読んでいかないといけません。

2枚目のカード

ワンドの10の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説で書いた「どのように理由や目的で協力

しているのか?」と言う部分ですが、ワンドの10の正位置ですから、

無理をしてでも何らかの中身(火の元素は、体裁よりも本当に

求めるもの)を美しい人(審判のカードの亡くなり眠っている人)から

引き出そうとしたと読みました。

イメージとしては、ある種の談合みたいな状況かも知れません。

3枚目のカードである太陽のカードまで含めると美しい人の実父は、

この関係性は、邪魔だったと読むことが出来ます。

3枚目のカード解説に続きます。

3枚目のカード

太陽の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のワンドの10のカードでは、無理な要素がある願望に

手を出していると読むことが出来ます。

この無理な部分を何とか解消する必要がありました。

太陽のカードが正位置であれば単純に会社と家族が協力すれば

良いだけ(太陽のカードの対立する双子の子供)ですが、逆位置ですから

ある種の強引な判断があったと読むことが出来ます。

これが実父がある期限のぎりぎりまで調べられ亡くなった理由だと

読みました。

4枚目のカード

コインの10の正位置

4枚目は、対策カードになります。

誰かが(おの人物のカード展開まで書くと量が多くなるので割愛します。)

何らかの強味を活かして家族と交渉したと読みました。

そもそも、この交渉の下地は、年単位で作られていたと読みました。

5枚目のカード

法王の逆位置

5枚目のカードは、家族側(太陽のカードの無意識側)の本音部分を

表しています。

コントロールされる側としての不満や孤独がある(法王の逆位置)

と読むことが出来ます。

6枚目のカード

ソードのクイーンの正位置

6枚目のカードは、会社側の本音部分を表しています。

理由は、ともかく自分たちのやり方に自信がある(ソードのクイーンの

正位置)と読みました。

7枚目のカード

ソードの6の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

今のっまで良いと判断している(ソードの6の逆位置)と読むことが

出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

このタロット占いの中心となる2枚目と最後の7枚目を併せて読むと、

この機会をつかむには、期限があった(10→6)と読むことが出来ます。

この一つは、実父では、ないでしょうか?

もちろん、それだけではないはずです。

限られた期限でやり終える必要が複数あったと読むことが出来ます。

そうでなくては、次の扉が開かないからです。

その一つは、家族側が美しい人に関する契約を結ぶことも含まれる

と読むことが出来ます。

5枚目の家族側の法王のカードと中心となる2枚目の組み合わせは、

何らかの機会が訪れて要望を主張することが出来たからです。

sponsored link
error: Content is protected !!