mマネーは、美しい人を苦しめたマクラシステムにも影響を与えたのか?

mマネーを通して美しい人を消した側のマクラシステムを

読んでみました。

1枚目のカード

コインの9の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

コインの9のカードですから純粋な利益が豊かと読むことが出来ます。

損益計算書や貸借対照表に載るような数字は、コインの10のカード

という比較で純粋な豊さ(コインの9の正位置)と書いています。

見せかけ(外形)と中身の関係です。

内部留保が多いのかも知れませんし、表向き利益よりも実質的な

利益がはるかに上回っているかも知れません。

場合によって隠し資産があるのかも知れません。

2枚目のカード

ソードのナイトの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ソードのナイトの正位置ですから、自由になる資産が多いだけではなく

様々な方法を構築することが得意で運営力のある人物像であり、実際には

自分自身なりのアイデアでその豊かさを活かすことが出来ると

読むことが出来ます。

ソードのナイトのカードは、愛情関係も論理で割り切る傾向があります。

もしかしたら、美しい人ではなくても美しい人を消した側からアテンダント

されたことがあるかも知れません。

何故、そんな読み方を敢えて解説に書くかと言うと、3枚目のカードが

カップの9の正位置だからです。

3枚目のカード

カップの9の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

最高の満足(カップの9のカード)の中身だけを得たと読むことが出来ます。

もしかしたら、美しい人が愛した国版の絵ぷ島繋がりでmマネーが

還流している可能性があるかも知れません。

このような解説は、問いに対するカードの並びを併せたものです。

ソードのナイトの正位置の恋愛関係に対する情緒を理解しないセンスが

4枚目の対策カードと繋がります。

4枚目のカード

ワンドのペイジの逆位置

4枚目は、対策カードになります。

このワンドのペイジの逆位置を恋愛読みすると、純粋な恋愛よりも

性愛寄りな欲求に傾く傾向があります。

性愛が悪いという意味では、ありません。

このような執着心と、このタロット占いの中心となる2枚目のソードの

ナイトの正位置は、合理的に割り切れるので楽しめると読みました。

気持ちで突っ走っていかずに合理的に振る舞えば、需要と供給のバランスを

お金で解決することが対策内容としては、あり得るかも知れません。

これは、あくまでもソードのナイトの正位置を中心に読んだ場合です。

5枚目のカード

死に神の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

お金が介在するマクラシステムは、断捨離(死に神の正位置)すべきだ

と言うことでしょう。

このタロット占いの中心となる2枚目のソードのナイトの正位置から

言えば、サービスを提供する側と受ける側が適切な価格で合意すれば

問題ないということになるでしょうし、今回のタロット占い全体から

見た死に神のカードは、ソードのナイトの正位置(人物像)とは、

価値観が合わないと読むことが出来ます。

これは、個人的な趣味よりも政財芸が構築する裏メニューみたいなものの

在り方に対して、美しい人が差し出される側を見てきたことによる感覚

かも知れません。

6枚目のカード

ワンドのキングの正位置

6枚目のカードは、mマネー側の本音部分を表しています。

一般的な恋愛読みは、ワンドを男性と読みますが、これはある意味で

不平等な読み方でしょう。

社会的な立場の強い者がリードする(ワンドのキングの正位置)が

正解では、ないでしょうか。

簡単に言えば、権力やお金を持っている側がと言うことでしょう。

7枚目のカード

ワンドの5の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

自分自身の主張を通す恋愛は、相手を振り回すでしょうし、本音部分が

ワンドのキングの正位置ですからお金の力を行使する恋愛と読んでも

良いかも知れません。

普通であれば略奪という読み方だったかも知れません。

特殊なお金で購入するシステムは、そこらかしこにあるのかも知れませんし、

百足構造の一部なのでしょう。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

美しい人が愛した国の政財芸がこのようなシステムで繋がり、アテンダントを

美しい人を消した側のようなところが担うだけではなく、祭りごとの中身は、

美しい人が愛した国の外で決定される(美しい人のタロット占いの境界線を

最大限に広げた場合)美しい人を守れる人は、いないかも知れません。

美しい人が最も外側の円に触れたならばです。

美しい人を消した側もこのような裏パイプとして繋がっているだけで

異常趣味だけれども普遍的な存在なのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!