美しい人が愛した国の正義に真実を主張させない方法(美しい人のタロット占い)

例えばアナ雪であれば、人が通れない窓から、数cmしか

積もっていない雪の上に転落し、泊まっていた部屋から

すぐ見える場所で、何時間か探した後に発見されたのが

事実であれば、探していた正義の目には、何も入らなかった

ということになります。

しかし、そもそも捜索している時には、そこにアナ雪は、

いなかったとすればどうでしょうか。

美しい人やアナ雪やドラゴンちゃんの過去のカードを前提に

美しい人が愛した国の正義に真実を主張させないノウハウに

ついてカードを引いてみました。

1枚目のカード

ソードの2の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

強い葛藤があった(ソードの2の正位置)と読むことが出来ます。

この葛藤が生じた理由は、2枚目のカードが太陽のカードの正位置

なのに、3枚目のカードが法王の逆位置だからと読みました。

正位置なのに対外的に主張出来ないと意味になります。

これがフラストレーションの理由でしょう。

2枚目のカード

太陽の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

太陽のカードが正位置ですから、調べられなかったこと(太陽の

カードの無意識側の子供)が真実に導いてくれる(太陽のカードの

正位置)と読みました。

この光の当たらない部分は、3枚目のカードの法王の逆位置に

続いていきます。

3枚目のカード

法王の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

2枚目のカード解説で「この光の当たらない部分は、3枚目の

カードの法王の逆位置に続いていきます。」と書きましたが

法王の逆位置ですから法王が協力して対外的に光の当たらない

部分が主張出来ないようにしたと読みました。

4枚目のカード

コインの1の正位置

4枚目は、対外的に主張したくない側の対策カードになります。

何らかの利益を得られた(コインの1の正位置)と読みました。

対策内容としては、コインの1のカードは、始まりに過ぎない

ですから、次の目標に向けて行動していくことになりますが、

それは、更なる犠牲者が出るということを意味します。

5枚目のカード

コインの4の逆位置

5枚目のカードは、2枚目の太陽のカードの隠れている真実の

部分を担っている存在の本音部分を表しています。

しかし、実際は、隠れている部分は、隠されたままですから

美しい人やアナ雪やドラゴンちゃんの深層心理かも知れません。

コインの4の逆位置は、自分自身が既に持っている利益を守りたい

ということを表しています。

この利益とは、亡くなった本当の理由であり、命そのものでしょう。

6枚目のカード

世界の逆位置

6枚目のカードは、対外的に真実(2枚目の太陽のカードの正位置)を

主張出来ないようにした3枚目の法王(の逆位置)の本音部分を

表しています。

何もかも知っていて語りたいけれども語れない(世界の逆位置)と

読みました。

本当は、真実を語りたくてうずうずしていると読みました。

しかし、そんなことをしたら自分自身が逮捕されてしまうので

出来ないのでしょう。

7枚目のカード

ソードの1の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

このソードの1のカードは、難しいかも知れません。

カードの流れを前提にして1枚読みするならば、情報(ソード)で

物事は、始まり動き続けていく(1)と言うことでしょうが、

このタロット占いの中心となる2枚目の太陽のカードと併せて

読むと太陽のカードの無意識側の子供の声の決断(ソードの1の

正位置)に支配している(ソードの1の正位置)と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

美しい人が愛した国の正義に真相と無関係な場所を調べさせ

対外的に主張させないと読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!