美しい人の消滅の手配のタロット占い

事情があって、普通に読んで頂いてもかなり意味不明な言語化に

なっています。

自家消費的と言うか、展開したカードの記録です。

1枚目のカード

コインのナイトの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

何らかの目的に達成に対して動いていた(コインのナイトの正位置)

と読みました。

2枚目のカード

星の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

普通に読むとあり得ないイマジネーションやアイデア(星の逆位置)

と読むことが出来ます。

これを扱える存在が「引退の春」と読みました。

何故、逆位置(非現実的なアイデア)なのか?

美しい人を具体的に消滅する役割を手配するアイデアと読みました。

消滅させたものは、証拠でも、それを調べるのを止めたのではない

と読みました。

3枚目のカード

カップの9の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

無事、成功した(カップの9の正位置)と読みました。

星のカードも「9」も社会的な立場を離れている状態です。

引退し、美しい人を愛した国からも・・・。

美しい人を具体的に消滅させた誰かも社会的な立場を離れた、

(星のカードのしかも逆位置ですから極端に離れた状態)

とも読めますし、はるか遠くからのメッセージを受けて動く人

とも読めます。

はるか遠くとは、物理的距離だけではなく、社会的な立場の違いも

含まれます。

星のカードのデザインの星側になる立場(引退の春)とその光を

受け取る裸の女性の関係性から、生まれた成功(カップの9の

正位置)です。

星のカードデザインの星からメッセージを受け取った女性が、

それを池に注ぐ(美しい人を具体的に消滅)と読みました。

言い方を変えれば、引退の春は、もみ消しでも、「ソウサ」を

止めたわけでもなかったと読むことが出来ました。

4枚目のカード

女帝の逆位置

4枚目は、引退の春の対策カードになります。

本来ならば、美しい人を具体的に消滅させた存在と距離を

取ることが大切(女帝の逆位置)と読むことが出来ます。

しかし、引退の春(このタロット占いの主体)は、このタロット占いの

中心となる2枚目のカードが星のカードですから、しっかりと

距離があります。

ですから、引退の春は、距離を取るべき相手に敢えて連絡を取った

と読むことが出来ます。

5枚目のカード

ソードのペイジの逆位置

5枚目のカードは、美しい人を具体的に消滅させた側の

本音部分を表しています。

利益にしか関心がない(ソードのペイジの逆位置)と読みました。

6枚目のカード

コインの10の正位置

6枚目のカードは、引退の春の本音部分を表しています。

取引が成功して満足した(コインの10の正位置)と読みました。

7枚目のカード

コインの9の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人を消した側に満足を感じている(コインの9の正位置)と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

引退の春は、消滅作業の手配が仕事だったのです。

もみ消すためでは、なかったのです。

sponsored link
error: Content is protected !!