一連の経緯の公表のタロット占い(美しい人のタロット占い)

自家消費的なタロット占いです。

完全にカードだけで書いていて、一切のイマジネーションや

噂等は、言語化に使用していません。

ですから、カード解説を読んで下さった方が自由に肉付けして

下さると嬉しいです。

1枚目のカード

月の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

月のカードからのワンドの1のカードですから、何らかのきっかけで

たまたま、何かを見たと読むことが出来ます。

月のカードですから、確かに想像すらしなかったものかも知れませんが、

月のカードの池は、自分自身の無意識ですから、まったく関係がない

ことではないのです。

言い方を変えれば、知らないところで繋がっていたと言うことです。

美しい人のタロット占いは、前代未聞のタロット占いです。

美しい人のタロット占いのようなテーマの解説のテキストは、

無いのでは?

ですから、カードに沿って読むだけなのですが、切るに切れない関係、

甘えが通る関係があるのかも知れません。

池の中の世界を満たしているのは、水です。

水は、カップですから、何らかの情で繋がっていて切れないと

読みました。

忖度すべき存在の可能性があります。

月のカードですから、ある時点でそれに気が付いたと読みました。

2枚目のカード

ワンドの1の正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

1枚目のカード解説の結果、何らかの力に目覚めた(ワンドの1の

正位置)と読みました。

最初は、半信半疑だったはずです。

様々なコミュニケーションを重ねている間に、その力の有効性を

理解したと読むことが出来ます。

3枚目のカード

カップのナイトの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

見た目よりも、はるかにやる気がある(カップのナイトの正位置)

と読むことが出来ます。

欲が目覚めていくとも読めます。

4枚目のカード

ワンドの8の逆位置

4枚目は、一連の経緯を公表したかった側の対策カードになります。

ワンドの8のカードは、驚くような、お知らせと言う意味があります。

対策内容としては、丁寧に振る舞うことですから、雑になった時に

何かが起こると読むことが出来ます。

脅した相手との関係性にヒビが入ることで真相の欠片でも揺れる

かも知れません。

それで傷付かないだけの人間関係を持っているのでしょうか(月のカード)?

もし、それほどでなければ、脅した方が月のカードに飲まれます。

5枚目のカード

コインの3の正位置

5枚目のカードは、脅された側の本音部分を表しています。

何らかの深い関係性(コインの3の正位置)を感じると読むことが出来ます。

もしかしたら脅された側に身内でもいるのでしょうか?

6枚目のカード

カップの4の逆位置

6枚目のカードは、脅した側の本音部分を表しています。

本当は、流れを変えたい(カップの4の逆位置)と読むことが出来ます。

これで、ややこしくなってきました。

強気になれる人間関係は、案外、いつまでも維持出来ない可能性が

あるかも知れません。

不安要素があると読みました。

これ次第では、クラックになる可能性があります。

7枚目のカード

愚者の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

これは、凄いカードの並びです。

そもそもの問題の始まりとして、脅されている側は、まったく

抑えが利かない状況を抱えていると読むことが出来ます。

何らかの理由で脅している側にフタが出来ないようです。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

月のカードから愚者のカードは、かなり興味深いカードの並びです。

sponsored link
error: Content is protected !!