月を用いて幸せになるということ

月は、プライベートを守る天体ですが、

一番、受け身な天体なので、月そのものが

何かしら積極的に打って出るという

ということは出来ません。

他の様々な天体の影響を一方的に、受けるのです。

そして、無意識のレベルで勝手に反応します。

このように改めて、月の性質を認識すると

心許ない気がしますが、だからこそ

自分の月の傾向を知ることで、ケアすることが

出来るのです。

sponsored link

星野源さんに学ぶ月の愛し方に書いたような

意識的なアプローチで月は癒すことが出来ます。

もちろん、その方法はそれぞれの人に、

適した方法があります。

そうであれば、月はどうにでもなるような気が

しますが、そうはいきません。

意識は、自分があるように見えて、無色透明な

空っぽな存在です。

健康状態、経済状態、環境、年齢で幾らでも

変化します。

ところが月は受身のようでいて、不変と言えば

矛盾しますが、月そのものは変わらないのです。

sponsored link

一番影響を受け易く、しかも一方的なのに

実は個人にとっては、土台、大地のような存在です。

地面があるから、様々な建物が建つのと同じです。

更地だから何もないと思う人は、地面を

認識していないだけです。

逆に良い土地であれば、様々な建物を

建設することが出来ます。

土地に水が多過ぎれば、土壌改良をしなければ

建設は出来ません。

もしかしたら建物を建てるよりも、田んぼに

した方が良いかも知れません。

月を用いて幸せになるプランを立てるには、

まず月を再認識することが大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!