香取慎吾さんに学ぶ第1ハウスの月

sponsored link

香取慎吾さんが、ムードメーカーになれるのは、

第1ハウスに月があるからです。

しかも、生きる力そのものである第1ハウスに

月しかありません。

月は、他の天体から影響を受けるばかりで、

他に働きかけることはないのです。

そして、その影響の範囲は極身近なものに

なります。

このような月が、第1ハウスにあるので、

自分の周囲にいる人々や身近な環境から、

影響を受けて香取慎吾さんの個性は

表れてきます。

SMAP解散報道の時に、香取慎吾さんが

解散を主張しているような噂が流れましたが、

第1ハウスの月という側面から見れば、

身近な人たちが、そのように望んでいるから

その空気を吸って、そう思われるような

雰囲気を反射してしまうのです。

これは、ある意味、精神の真似、模倣

でもあります。

現在の香取慎吾さんが、楽しく見えるならば

周囲の人々の感情が落ち着いたものになっている

ということです。

月は母親も表しますから、第1ハウスにあると、

自分のキャラクターを母親やそのような役割を

してくれる人から学びます。

この場合の学ぶとは、真似るという意味です。

以前、香取慎吾さんは、「慎吾ママ」という

キャラクターをされて人気がありましたが、

そのような現象が起こるということは、

香取慎吾さんにとって、母親やもしくは

母親代わりとなる人の運気が落ち付いていた

ものだったと言うことも出来るのです。

もしかしたらそれはマネージャーさんだった

かも知れません。

第1ハウスに月があると、このような傾向は

一生続きます。

その人の個性を表す第1ハウスに受身の月が

あるということは、様々な影響を受け

続けるので、そういった意味では、気持ちが

揺れ易く感情のバリエーションが多くなります。

月の能動性を発揮するは、一度、月に何らかの

影響を貯め込んでからの解放する形になるので、

香取慎吾さんは、身近な人や環境の資質が

とても大切になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!