真剣に好きなった相手が答え

相性を考える時に難しいのは、それぞれの人の

意識の流れがあることです。

例えば、記号的に火のサインと風のサインだから

相性が良いと考えるのは、早計かも知れません。

風のサインが双子座であれば、発言に対して

現実的な証拠を求めますから、牡羊座や

射手座の火のサインの好む抽象的なニーズに

対して理解を示すことは難しくなります。

一人の人のチャートには、天体だけでも

10個あります。

sponsored link

土星という行動の結末を意識して、繋がりを

求めるような恋愛、結婚の仕方もあります。

太陽サインの相性が良くても、月のサインや

ハウスが繊細で、自分の抽象的な好みに対して、

即物的な反応しか得られなければ、嫌になるかも

知れません。

双子座の人の反応に良いも悪いもありませんが、

相性が良いとされるサインであっても、

どのように感じるかは、その時期の精神状態で

感じ方はかなり変わってきます。

ただ聞いてくれる、受け止めてくれる人が

良い時期だってあります。

そのような時に、そのような人と縁があって

本当に好きになったら、相性は関係ありません。

その時期にお互い必要だから求め合うことだって

あるのです。

sponsored link

その意味することが、当事者にとっては、

傷を癒し合える唯一の相手だったりするのです。

何かしら心に欠けたところがあると感じ続けることは

拭い去れない不完全な感情が、その人を

傷付けることを意味します。

もしかしたら、その痛みが他人をも傷付けるかも

知れません。

癒されたいがために、事件、事故に繋がることも

あります。

恋愛は、誰かと交際することは、そのようなことと

比べたら全く異質なものです。

恋愛に正解を求め過ぎれば、人は根本的に

成長しません。

出会いのタイミングがあれば飛び込む価値が

あるのは、恋愛には様々な可能性があるからです。

セクシャルな部分で惹かれ合うだけを、恋愛だと

考えるから、金星、火星の運行で判断するだけです。

本人も意識し難い心の傷を、癒す関係性は、

特定の人、場所、時期がある一瞬に凝縮される

こともあります。

そんなタイミングは、金星や火星では計れません。

温もりに置き替えられないピンポイントな

優しさだってあります。

恋愛にルーズになれば、温もりをだけを求めて

しまって、本当のタイミングや本質を

癒してくれる貴重な出会いをスルーしてしまう

こともあるのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!