第12ハウスの月の霊感と結婚の縁

sponsored link

結婚の縁で不思議な話があります。

占星術的に言えば、結婚に向く相性は

色々ありますが、結婚は、相性云々よりも

タイミングの問題が大きかったりします。

それよりも、もっと不思議なのが、

霊感のような閃きです。

ある男性は、前担当から営業先のAという

名字のお客様を引き継いだそうです。

その地域では、珍しい苗字で、名刺交換

した時に、この名字の人と結婚するかも

知れないと思ったそうです。

その後、そんなことも忘れてしまって

7年後に、同じ苗字の女性と結婚したそうです。

非常に面白かったので、チャートを作ると

第12ハウスの月でした。

境界線のない第12ハウスの月には、様々な

イメージが侵入してきますが、このような

内容も入って来ることがあるということ

かも知れません。

このように書くと、第12ハウスの月が、

平和なように感じるかも知れませんが、

基本的に影響を受け易く、自分を守る力が

ありません。

そのような側面が大きいからこそ、

第12ハウスの月にこのようなイメージが

混ざり込むことは、珍しいと思うのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!