下克上されて男泣きの西武の辻監督の太陽サイン

西武は、今シーズンを一度も首位を譲らずに

ペナントを優勝したのに、クライマックスシリーズの

ファイナルで実質1勝しか出来ずに日本シリーズに

進めないことになりました。

西武ライオンズの辻監督が「悔しい」と言った

言葉が、本当にこの制度で負けたチームの

本音だと思うのです。

sponsored link

西武ライオンズは、恐らく10年振りくらいの

シーズン優勝だと思うのですが、そういう

背景があったとしても、素直に「悔しい」と

口にした辻監督のホロスコープを作ってみると

太陽サインは、サビアン度数天秤座30度若しくは

蠍座1度になります。

サビアン度数天秤座30度であれば、様々な

意見を聞きながら理想を作り出そうとする

タイプです。

ここ最近Bクラスが続いていた西武ライオンズが

2年でシーズン優勝したのですから、

この可能性もあります。

まだ天秤座の潜在的な力は書いていませんが、

天秤座であれば、必要な部分、不要な部分を

取捨選択してチームを作ってきたという

読み方が出来ます。

少し野球に言及すると西武ライオンズは

必要な部分としてのコントロールの良い投手が

いなかったということでしょう。

辻監督がサビアン度数蠍座1度であれば、

とりあえずみんなで優勝を目指して

頑張ろうという一体感を前面に押し出した

チーム作りをされたでしょう。

その上で蠍座の完成された力である

奥の奥まで理解する力を発揮されたということです。

短期決戦は、チームの戦力の差が出易いので

致し方無い部分があります。

気になったのは、辻監督に地のサインが

一つもありませんでした。

一つのサインが全くないと、どうしても基本的な

見方に何か無いものが発生してしまいます。

そこがちょっと気がかりな点でした。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!