蠍座の潜在的な力

sponsored link

冥王星を支配星に持つ蠍座は、潜在的な力の

全貌を明らかにすることは、かえって

難しいかも知れません。

なぜなら、蠍座が内面に抱える衝動は、

未知なるものだからです。

かと言って未知のままでは、実際に生かせません。

ここが蠍座の運命の分かれ道です。

腹の底の底にとぐろを巻いているような、又は

漆黒の深い闇を入り口として、果てしなく

続く地下水路のようです。

表現することはとても難しいものに

飲み込まれしまうのか、何とか自分なりに

その正体に名前を付けて闇から引っ張り出せるのか、

これが出来るか出来ないかで、蠍座の満足感や

達成感は全く異なります。

蠍座は自分の中に抱えている何かを吐き出して

しまいたいのです。

しかし、そのまま放てば、どうなってしまうのか

自分でもまったく分かりません。

自分の中に宿っている何かが、何なのか、

その正体を徹底的に洞察するしか、

コントロールする方法はないのです。

このような性質は蠍座に深い洞察力を

養い育てます。

sponsored link

それは、乙女座のような分析的な知性とは

異なり、存在の奥底にあるもの、裏側に

あるものを見抜く力とも言えるものです。

真実を知りたいという執念が存在の壁を

突き破って内奥にあるものをつかもうとする

超常現象みたいな働きをします。

見抜くと言っても肉眼ではないのです。

結果的に蠍座の過剰な見抜く力は、個人の満足を

超えて、その見抜く能力自体を社会に

役立てることが多くなります。

このような力を利用して他人をコントロール

することにも力を発揮します。

実際に蠍座の潜在的な力を発揮する形は

卓越した洞察力を応用した他人に対する支配力

とも言えるものです。

この支配力は愛があるかどうかで全く

様変わりします。

人は分かり易い存在ではありません。

蠍座の支配力は人々の様々な要素を何とか束ねて

期待される集団の個性を、愛されるための

その集団らしさを作り出している存在です。

蠍座の見抜く力は、人々の必死の努力を優しく

繋ぎ合わせてあげる時に真価を発揮するものです。

他のサインはこちらです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!