蠍座の力で良い運勢を作る

人生のテーマが簡単に分かる進行の新月

という記事は、1年単位のプログレスの月

ですが、普段の朔望月の新月のテーマ

基本的に同じです。

このようなことを意識するメリットは

より良い運勢を作るためです。

sponsored link

自分自身で何かを作り出して生活の糧を

得られるようなシンプルなシステムであれば

運勢を気にする意味もかなり異なるのですが

現代は個人の生き方までも社会システムの中に

しっかり組み込まれてしまって、個人の

生きる意味をしっかりと自覚して、世の中の

仕組みと分けて考えた方が楽と言うよりも

安全かも知れません。

冥王星蠍座世代の辺りで大きく生き方の

舵を切ったかも知れません。

冥王星乙女座世代は良い意味で社会のツールに

なっていく世代です。

冥王星天秤座世代は、自分の個性を全うするために

根本的なものには関わらずにやり過ごします。

冥王星蠍座世代は、独特の頭脳を駆使し

それぞれの冥王星蠍座世代の観察分析に基づいて

根本的な原因と思われるものにしぶとく

アプローチしていきます。

運勢とは単に運の良し悪しではなく、自分を

育てていく営みと深く関わっています。

母親問題等で苦しんでいる人たちは、

自分を育て直すという側面から運勢について

考えるかも知れません。

アセンダントをカスプとする第1ハウスから

始まる個性の成長は、第8ハウスという蠍座

本来の住処で大きく変化します。

それはまるで、それまでの生き方を停止して

内蔵をドロドロ溶かし、身体そのものから

全く異なる生存システムになっていく行程を

行います。

もちろん、実際の人間の身体がそのような変化を

起こすことはありませんが、金星蠍座の恋愛にも

書いたように蠍座の強さや魅力を引き出す

ということは、このような流れがどこかで

発生しています。

そしてこのプロセスに耐えられるのが、特に太陽、月、

水星、金星、火星と言った狭い意味での個人天体に

蠍座を持つ人たちです。

ネイタルのホロスコープの木星、土星が蠍座であれば

そのような性質を使えないこともありませんが、

かなり意識としては外側で狭い意味での個人天体と

アスペクトがなければコントロールする存在には

ならないでしょう。

天体に蠍座がなくても、蠍座のハウスは誰もが

ありますし、第8ハウスも同じです。

蠍座の新月が訪れる場合も自分自身のどこかを

完全に生まれ変わらせるチャンスです。

どんな状況の人にとっても蠍座絡みの何かかが

根本的な飛躍に繋がるのは生まれ変わるような

作用が実際に働くからです。

sponsored link

それは時に辛くデリケートな期間ですし、

感じ方によっては愛の時代です。

見た目の派手さはありません。

生まれ変わりたい内容(部分若しくは全体)を

扱うために実際に何かに、誰かに関わりますが

それらを通して自分の内臓や脳内に手を入れる

ようなものです。

冷静に様々な要素を意識しながら、少しずつ

歩み寄っていきます。

勢いで誤魔化すようなことは一切ありません。

根気良くドロドロとした真っ暗な世界に

しるしを付けながら奥へと進んでいきます。

ピンチになっても慌てずに、原因を分析し

確定して的確に攻めていきます。

もちろん、あくまでも比喩ですが、これが

蠍座のパワーの使い方です。

実際の人間関係を自分自身の身体と見なして

内臓に潜り込み再構築する蠍座の力の使い方も

ありますし、潜り込むスケールは様々です。

蠍座の新月が始まりますから、蠍座が希薄な

タイプの人でも蠍座の力を使い易い時です。

蠍座色の強い人は追い風ですし、そうでない人も

それなりに新たな資質を加えるチャンスになります。

どんな太陽サインや月サインの人でもその時の

運勢に上手く乗っていける人が一番強いかも

知れませんが、不器用で忍耐強い蠍座タイプの人が

大きく伸びる時でもあります。

しばらくは様々な天体も蠍座入りしていますから

大枠で捉えても自分自身を根本的に再生しながら

生まれ変わるチャンスです。

特に蠍座の天体を持っていれば、どこかで

コンジャンクションするタイミングがあります。

蠍座の天体が無くても蠍座のハウスのカスプと

接触するタイミングがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!