第8ハウス太陽の長所と短所

sponsored link

第8ハウスに太陽サインがあると父親の影響が

強くなります。

シンガーソングライターのaskaさんが

第8ハウスに太陽(魚座)がありますが、

インタビューで父親との関係について

語ることが多々あります。

askaさんは剣道に打ち込んで青年時代を

過ごされましたが、askaさんの父親は

剣道7段で、askaさんに剣道を教え

80歳を超えてもaskaさんが逮捕されるまで

子供たちに剣道を教えていました。

askaさんの太陽は冥王星とオポジション

(180度)です。

このようなアスペクトはその人がすべき特別な

ことがあるタイプの人です。

しかし、これは前向きに頑張り続けた場合です。

第8ハウスに太陽がある場合は、この

プレッシャーに負けてしまうと他人の支配下に

置かれてしまいます。

askaさんは、結果的に負けてしまって

他人(警察)の支配下に置かれてしまいました。

第8ハウスは蠍座に対応するので激しい

攻撃性を秘めています。

それが自分に負けることで、その攻撃性が

自分自身に向けられるのです。

第8ハウスにある太陽は恵まれた強い力を

受け継ぎます。

どのようなハウスの太陽でも良い作用の反動が

ありますが、だからと言って沢山頑張る

必要はありません。

少しだけでも前向きでいられ続けたら良いのです。

特に第8ハウスは一気呵成に頑張るのではなく

少しずつじわっとエネルギーを高めていくことが

コツになります。

askaさんは第8ハウスが水瓶座なので、友人関係

のような女性と普通ではない深い人間関係に

入っていってしまったのでしょう。

しかし第8ハウスの水瓶座だからこそ時代の

先端を走れたのだと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!