努力して着こなせたら美しい土星サイン

sponsored link

より美しさを引き出す方法シリーズです。

美しさは沢山の線で成り立っていることを

伝えたくて書いています。

土星サインを単独で意識するのは難しいですが

スピリチュアル的に考えれば一番外側を

包んでいる境界線です。

全体の中でどこまでが自分なのか意識した時の

自分です。

土星を意識することが難しいのは個人の防御壁

として多少の痛みに対して鈍く出来ているからです。

しかも自分自身も努力して壁を厚くしていきます。

これは月サインが表すようなプライベートを

守る意味でも太陽サインが表すような理想を

守る意味でも重要な部分です。

部分と言っても実際に見えるものではありませんから

その人の姿勢に反映されます。

土星が双子座にあれば知識を集めることで

自分を守ることが出来ると信じて努力します。

言い換えれば知性に関してコンプレックスのような

ものがあることになります。

これで大丈夫という感覚がなかなか持てない

部分なのでコンプレックスと書きますが、

自分自身の成長の着地点という前向きな意味が

あるので、その人の取り組む意識によっては

コンプレックスとは異なるものになります。

本人がどのように意識しようと自分自身の一番外側の

輪郭として常に適切に整える必要があります。

双子座の土星の続きですが、子供の頃はアニメや

漫画の知識が沢山あれば友情関係は上手くいった

かも知れませんが、年齢や立場に応じて収集する

知識の種類を相応しいものにしていかなければ

自分自身の輪郭として適切な状態でなくなります。

そう言った意味では土星サインの内容やアスペクトは

魂が地球で活動するための宇宙服(地球服?)の形態を

表していると言えます。

服と言っても土星は単なるファッションではなく

人格の一部ですから、土星がサビアン度数双子座の

21度であれば個人の能力を限界を超えて発揮

するような機能を持った宇宙服(地球服)になります。

機能性も担うという意味ではエバンゲリオンのような

ロボットに人(月サインや太陽サイン)が入るような

イメージかも知れません。

人格(特に太陽サイン)の成長に合わせて、ロボットも

バージョンアップしていく必要があります。

土星サインを着こなすにはそれ相応の実力が必要に

なるのも興味深いところです。

そう言った意味では努力して美しくなるポイントです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!