月星座が蠍座の愛とそれを必要とする人

月星座が蠍座の人の愛とその愛を必要とする

タイプに付いて書いています。

月は基本的に眠ろうとしますから、その月を

どのように幸せにするかはオポジションの

関係にあるサインとのズレを意識すると

理解し易くなります。

sponsored link

月星座(サイン)の牡牛座と月星座(サイン)の

蠍座というオポジションの関係に二つの

月星座(サイン)の共通の性格はこだわりです。

好きな人や好きなものにこだわりますし、一度

手に入れると簡単に手放そうとしませんから

他人の気持ちと強く結び付いていきます。

牡牛座の誰かと結び付こうとする気持ちは、

蠍座に負けていません。

ただ成長すると多人数に対して組織的な影響を

発揮出来る蠍座の素質とあくまでも気に入った

人やものとだけ繋がっていこうとする

牡牛座の違いがあります。

月星座(サイン)ですから、そのような環境に

違和感がないといったところでしょう。

このような違いが重要な理由はその潜在的な

エネルギーの違いにあります。

牡牛座も家族や国家というような単位で

愛着を持ちますが、それは多人数の組織と

いうよりも集団を一つの人格として向き合った

時のようなに単独人格としての愛着です。

そう言った意味では月星座(サイン)蠍座は

個人主義であり一匹狼で本音は明かしません。

月星座(サイン)牡牛座はマイペースですから

個人主義に見えますが、基本的にのんびりとした

平和主義者です。

牡牛座の支配星である金星が示すように個人的な

満足感を満たすために規則正しい生活を送ります。

月星座(サイン)蠍座のは支配星の冥王星の衝動を

気持ちの中で養っていますから、満足感の種類が

違います。

ですから月星座蠍座の人が普通に穏やかな

愛みたいなものを思い描くとちょっとずつ

ずれていきます。

sponsored link

月星座(サイン)牡牛座も蠍座も一人で忍耐強く

物事に取り組めますが、月星座牡牛座の人は

それが素の資質ですが、月星座蠍座の人は

エネルギーを内側に向けるかどうかの違いで

行動パターンは全く異なります。

そして月星座(サイン)蠍座が落ち付き難い理由は

蠍座が月という穏やかな感受点と今一つ

合い難いところがあるからです。

その合わない部分を月星座(サイン)蠍座は何かに

対する執着という形で穴埋めしようとします。

月星座(サイン)牡牛座が単純に好きだから何かに

こだわっていくのと違う成分の感情があるのです。

月星座(サイン)蠍座は、愛そのものと何かを

固めたようなものが、気持ちが安定するために

必要なのです。

それは愛する対象を自分自身の一部として

取り込んでいくことを意味しています。

単純に愛するというわけにはいかない

事情があり特別な一体感を必要とします。

それは愛の繭と言っても良いかも知れません。

この繭に閉じ込められて保護され育つタイプの人と

駄目になる人、死亡しそうになって逃げ出す人

といったような様々な適正があります。

月星座(サイン)蠍座とプライベートを共に

するには、月星座蠍座の愛に含まれる特殊な

成分そのものに対する適性があるのです。

この成分を栄養にして育つようなタイプの人も

いますが、これは星座(サイン)とは関係

ありません。

その相手の月が持つ特殊性次第です。

この特殊性はアスペクトで作られます。

簡単に言えば月星座蠍座の持つ嫉妬や

束縛さえもエネルギーにして育っていく

タイプの月を持ったタイプの人です。

月サインも大切ですが、冥王星とのハード

アスペクトを持つ人やTスクエアやヨッド等に

月が絡んでいて圧迫されている人等は

長期的に関係があっても基本的に大丈夫です。

その奥深い資質を引き出してくれるタイプの

人とも言えます。

一時的に落ち込んでいる場合や月星座(サイン)

蠍座の愛に魅力を感じている場合は立ち直ったり

気が変わる場合もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!