アートに向く姿勢・火星と天王星のインコンジャクト(LISAさん)

sponsored link

大晦日にLISAさんが歌う紅蓮華を聞いて

嬉しかった人は沢山いたことと思います。

LISAさんのようなタイプの人は太陽と

トランスサタニアンのアスペクトを

持っているものですが、LISAさんは

天王星、海王星、冥王星すべての

アスペクトを持っています。

10天体のうち3つは蟹座のサインの

天体を持っていらっしゃるのですが、

そのうちの一つの火星と天王星は

インコンジャクトになっています。

これはとてもユニークな影響をLISAさんに

与えます。

火星と天王星のインコンジャクトという

天体同士の組み合わせだけであっても

天王星は何かと火星を常識外のフィールドに

誘い出そうとするのですが、LISAさん火星は

蟹座ですから12サインの中1、2を争うくらい

他人と違うことをするのはあり得ない常識的な

蟹座の火星です。

そのような火星に射手座の天王星が常に何かしら

けしかけてきます。

射手座の天王星が蟹座の火星に他人と同調する

行動をしないように圧力をかけて来るのです。

こうなると蟹座の火星は他のサインの誰よりも

一部の自分の仲間に通用したいのに、それを

強引に止められます。

これはかなりショッキングな意識の目覚めに

なりますが、かなり躍動感を感じること

とも繋がります。

このようなアスペクトとサインの組み合わせは

そのサイン(星座)の美しい部分だけを

引き出そうと努力するからです。

このような姿勢は個人的には大変ですが、客観的に

見ればアート向きな姿勢ですし、それを上手く

表現出来れば魅力的に感じる人が沢山生まれます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!