旦那さんに愛されるアスペクト

sponsored link

「旦那さんに愛される アスペクト」という

可愛らしい検索があったので、そのことに

ついて書いています。

愛される程度、深さによっても色々ありますし、

そもそも愛されることの意味もあります。

旦那さんという存在が夫という意味ならば、

パートナーですから愛し愛されるという

双方向性のある愛情関係です。

やはり相性が大事ということになります。

後ほどアスペクトについても書きますが、

その前提に相性の問題があります。

相性が悪ければどうしようもありません。

そして見落とされがちですが、愛が育つ環境という

意味をトータルに考える必要があります。

占星術的には、ASC、IC、DSC、MC

といったお互いの感受点を理解することが

愛をお互いの愛が育つ環境を作っていく視点を

知ることが出来ます。

長期間一緒に過ごすという意味では月星座の

相性も大切です。

二人で家庭を作っていくという面もあります。

それは一つ一つ二人共通のの願いを叶えていく

ことですから、太陽と月の組み合わせも重要です。

これは自分自身の太陽と月の関係とパートナーとの

組み合わせ両方を理解した方が良いです。

色々と上げれば切りがありませんし、すべての面で

相性が良い必要はありません。

相性には置き替えもあります。

獅子座の月と山羊座の月の例です。

ここからがアスペクトのお話です。

最初にしっかりと断りますが、これがあるから

大丈夫ということではありません。

相性の良さとアスペクトが必要です。

sponsored link

1、月と金星のアスペクト

月は女性パートナー、金星は男性パートナー

という組み合わせがベターです。

カップルの性差の働きはそれぞれですから

逆でも良い場合もあります。

このアスペクトは金星側である男性パートナーから

月側である女性パートナーは愛され易くなります。

太陽や月の相性が良ければ基本的に愛されるはずです。

変なところにリリスがあるとか、他の天体と

ややこしいアスペクトを同時に抱えているとか

様々な影響もあるので注意が必要です。

そうは言ってもこのアスペクトがあれば、

愛されます。

このような愛は激しいものではなく、ごく日常的な

穏やかなものですから、愛される女性パートナーの

月にトランスサタニアンとアスペクトがあったりすると

その価値に気付き難くなる可能性があります。

2、その他

いきなりその他としましたが、相性が良ければ

金星と金星のコンジャンクションやオポジションも

愛されているように感じるでしょうし、場合に

よっては金星と火星のアスペクトでもそのような

実感があるでしょう。

最初に書いたように愛が育つ環境という

問題がありますから、寂しければ肌の温もりだけでも

そのような実感が得られる場合もあり得ます。

ただ、基本的なものがある程度満たされていて

心に欠けたものがあまり無いような落ち着いた

状態であれば、月と金星のアスペクトです。

3、月と金星のアスペクトの種類

簡単な解説です。

詳細を知りたい場合はサイン(星座)の組み合わせを

検討して下さい。

コンジャンクションの相性

かなり楽しいでしょう。

暴走する面もあるので太陽を通してミスリードを

しないようにしましょう。

セクスタイルの相性

活発さが表れます。

補えあえる関係です。

スクエアの相性

月星座側の人が振り回される展開を楽しめるなら

良い関係になります。

男性パートナーと同じ趣味にするのが一般的な例です。

トラインの相性

最も穏やかな相性です。

オポジションの相性

強烈に惹かれ合うでしょう。

距離を取るべき時にきちんとそれが出来れば

発展性があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!