鬱になるくらい悩んだ時の攻略法(東出昌大さんの例)

sponsored link

鬱になるくらい悩んだ時の攻略法に付いて書いています。

取り上げているアスペクトは、ネイタルの土星とソーラー

アーク水星のスクエアです。

東出昌大さんの今の心理状態(n火星とsa冥王星のスクエア)

の続き記事とも言えますが、東出昌大さんを通して

鬱になるくらい悩んだ時の対策について書いています。

現在、東出昌大さんには、ネイタルのホロスコープの土星に

ソーラーアークの水星がスクエアになっています。

ソーラーアークの水星と言うのは、東出昌大さんのネイタル

(生まれた時)のホロスコープの水星に生まれた時の太陽から

現在の太陽まで動いた分と同じだけ移動させた水星です。

このような時は、土星が象徴するようなテーマに対して

鬱っぽくなるくらい(実際になる人もいます)考え抜くことで

成長しなければならないタイミングになります。

土星は物事を維持するために安全装置みたいなものであって

機会あるごとにそれを見直すことは大切なことです。

では土星の象徴するテーマとは、何かということになりますが、

社会ルール、仕事のプロ意識、自己管理等の表現で表すことが

出来ますが、その真意は、以下のようになります。

「自分の欲望と社会が要求する常識とのバランスの取り方」

このようなテーマについて鬱になるくらい悩むことになります。

結果的に仕事内容の変更や転職と言った結論を出す人もいます。

以下にネイタルのホロスコープの土星にソーラーアークの水星が

スクエアになっている場合の攻略方法に付いて書きます。

1、自分の信じている価値や曲げられない好み等に関して

徹底的に文章化(手書き)ですることをお勧めします。

何となく思っていることでも改めて考えながら可視化

させ意識することで譲れない自分の立ち位置が明確になります。

sponsored link

2、その上で(1の内容が前提にあります。)はっきりと

それを主張することをお勧めします。

鬱になるほど悩むタイミングですから、様々な見直しが

必要になります。

自分の考えや価値観を明確にすることで周囲との関係を

自分に必要なものにする必要があります。

3、2の結果も考慮して今後の進路を決めます。

土星について見直すということは仕事に対して見直すと

言っても過言ではありません。

仕事以外であれば自分が責任を負うべきことも入りますから

東出昌大さんであれば杏さんやお子さんたちとの関係の

見直しも含まれるでしょう。

まとめ

ネイタルのホロスコープの土星にソーラーアークの水星が

スクエアになっている場合の攻略方法は以上ですが、

このようなある種の転機を迎えた場合は、1から3の内容を

見直すと同時に自分が自分らしくあることを助けてくれる

人との関わり方も見直すことをお勧めします。

何故なら頑張るだけでは絶対に続かないからです。

人は、占星術的に月について考えるまでもなくハウスは

異なっても大なり小なり他人の影響を強く受けます。

鬱になりそうなほど悩むわけですから、その原因に

ついて見直せたら今度は新しい立ち位置をフォロー

してくれる環境も見直す必要があります。

このような見直しが出来た場合はより良い状態が長く

続くように感謝の気持ちを意識するようにしたいものです。

そして出来ればそれを伝えることをお勧めします。

幸運のスパイラルに入るエネルギーが生まれ易くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!