自分が求めている愛を知る方法(例、杏さん)

sponsored link

全てのハウスの支配星の動きを丁寧に理解すると

自分自身の愛情に関する理解が深まります。

愛と言う言葉を使ってもそのクオリティには

かなり個人差があります。

このやり方はとてもお勧めです。

相性以前の問題ですから、一度是非作ってみて下さい。

愛のクオリティがある程度合っていることが

必要という意味では相性でもあります。

支配星の動きを丁寧に見るだけなので簡単です。

杏さんを例に作ってみました。

推理したホロスコープで書いています。

愛は第12ハウスから生まれ育つので

第12ハウスの支配星から書いています。

杏さんの第12ハウスの支配星は、第11ハウスにあります。

第12ハウスが意味するような魂レベルの深い友情を

期待しますが、深すぎて愛情と言っても良いかも

知れません。

杏さんの第1ハウスの支配星は、第11ハウスにあります。

杏さんは第1ハウスがインターセプトされているので

第12ハウスと第1ハウスの支配星が同じです。

友人との関わりの中で理想的な自分を育てていこうとします。

第12ハウスのインターセプトが一人の時間を大切に

する面(歴女)と併せて第1ハウスの支配星の自己実現に

関して自由を求めることを考えると、東出昌大さんとの

同士的な相性の結婚を選択した理由が理解出来ます。

甘い男女関係と言うよりも深い友人関係と言った感じで

女性好きなポイントが多い東出昌大さんにとっては

プライベートの姿を超えて本当に素の杏さんの姿勢に

驚いたでしょう。

杏さんのような個性の持ち主は、ストイックな冒険家

のような孤独をものとせずに豊かになり続けられる

タイプの人がお勧めです。

杏さんの第2ハウスの支配星は、第12ハウスにあります。

自分の心の安全を見えない世界に求めます。

これは幼少期や子供時代に傷を負った人が持つと

自分の殻に閉じこもる時間が大切なことを意味します。

他人からは見えない価値にお金やエネルギーを

使う傾向があります。

杏さんの第3ハウスの支配星は、第12ハウスあります。

日常生活よりも第12ハウス的な精神世界や

スピリチュアルな世界に真理があるように感じます。

杏さんは第2ハウスもそうですが、歴史の世界に

そのようなニュアンスを求めているのでしょう。

杏さんの真の姿は第5ハウスにリリスのある東出昌大さん

とは合わないでしょう。

杏さんの第4ハウスの支配星は、第3ハウスにあります。

まさに支配星の動きです。

この支配星の動きは典型的な歴史好きを作ります。

他にも第4ハウスは人の意識を縦に掘るという意味で

郷土史、ファンタジーや神話とも相性が良いですが、

杏さんが歴史が好きなのは、アセンダントが山羊座

だからでしょう。

アセンダントが水の星座であればファンタジーや

昔話のようなものを好んだかも知れません。

杏さんの第5ハウスの支配星は、第2ハウスにあります。

気持ちの充足のためにお金を使いますから

必要とあらば思い切った買い物をします。

子供は財産ですから東出昌大さんに渡すような選択肢は

絶対にあり得ないでしょう。

sponsored link

杏さんの第6ハウスの支配星は、第5ハウスにあります。

働くことを好む典型的なタイプの人ですが、自由度の

低い仕事は向きません。

この支配星の動きからも仕事を通して同士的な恋愛から

結婚に発展したことが理解出来ます。

杏さんの第7ハウスの支配星は、第5ハウスにあります。

パートナーの反応を気にするタイプなので一連の

東出昌大さんの行動にはとてもダメージを受けたでしょう。

このようなタイプの人は本当に相性の良い人と

結婚した方が良いです。

杏さんの第8ハウスの支配星は、第2ハウスあります。

第8ハウスは物事に対する深いアプローチ方法を

取りますが、その働きかけが金運に繋がっていくので

大きな収入を得られるポテンシャルがあります。

芸術に関する素養も期待出来ます。

杏さんの第9ハウスの支配星は、第3ハウスにあります。

抽象的な物事を詳細に検討することが出来ます。

歴史の時代考証等も得意なのではないでしょうか。

単なる歴史好きというよりも学者になっても

良いような典型的な配置です。

真面目過ぎる知性が東出昌大さんとは合わないでしょう。

杏さんの第10ハウスの支配星は、第9ハウスあります。

これも大学教授に向くような配置になります。

将来はどこかの大学の客員教授として招かれる

かも知れません。

会話が噛み合うような知的な男性パートナーでないと

杏さんが自分の世界に入った時に呼び出せなくなります。

この辺りが東出昌大さんが不倫に走りだすきっかけに

なったことが想像出来ます。

杏さんのような女性は、それなりのインテリジェンスを

持った男性を選ぶ必要があります。

杏さんには当然のレベルでも、パートナーが

それについて来れなければ疎外されたような

気分になります。

これは杏さんが悪いのではなく知的レベルや方向性が

噛み合わないからです。

一言で言えば相性が悪いのです。

杏さんの第11ハウスの支配星は、第2ハウスにあります。

将来に対する不安を感じ易く倹約する傾向があります。

この性質が良い方向に働くとかなり財産が作れます。

結果はどうであれ倹約家です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!