ローランドさんが閉店を決断した理由

sponsored link

現代のカリスマホストと言われるローランドさんの

その個性は、ホロスコープにはっきりと表れています。

知性と美しさに対する水星と金星のコンジャンクションが

あります。

このアスペクト自体はまったく珍しくはありませんが、

このコンジャンクションは天王星と海王星が

インコンジャクトし、冥王星がスクエアになっています。

獅子座の水星と金星のコンジャンクションは、水瓶座の

土星とオポジションで土星も冥王星とスクエアですから

冥王星を頂点とするTスクエアになっています。

Tスクエアは現代社会で成功するために有利な条件を

作り出します。

水星と金星の心地良いトークを表すアスペクトは、

珍しくないと書きましたが、Tスクエアの一部になることで

自分自身で何度も否定と肯定を繰り返しながら推敲を

重ねてから言葉を発したり文章にするようになります。

ローランドさんの名言の数々はこのような感じで

生まれるのでしょう。

しかもローランドさんの水星と金星のコンジャンクションは、

天王星と海王星のインコンジャクトもあります。

インコンジャクトは鍛えられる(訓練)アスペクトです。

とことん水星と金星のコンジャンクションが表す

美しさを表現する能力が鍛えられる状態です。

ある意味、美の表現やセールストークの英才教育と

言ったところでしょうか。

金星と天王星のインコンジャクトだけを取り出すと

天王星が関わることでありきたりの美しさに満足

させずに常に高いレベルを目指すように美意識を

訓練しなければなりません。

これは、水星(知性)と天王星のインコンジャクトも

同じようにありきたりな知性を超えようと常に

努力することを意味します。

普通はインコンジャクトの動機はかなりぶれます。

人のモチベーションはそうそう続かないからです。

ローランドさんの場合は太陽獅子座の固定サイン

という部分や恐らく生育環境によって動機が

ぶれ難いことが想像されます。

sponsored link

ローランドさんの能力に関して肯定的に読んでも

そのまま過ぎるのでおおよその生まれ時間を

推理してアセンダントやMCといった部分を

考えてみました。

ローランドさんのエピソードを調べると家族愛が

かなり強調されていますから月星座が蟹座の時間帯を

考えるとローランドさんの生まれた日の多くは

双子座の月の時間帯が多いのでかなり絞れます。

そうなるとアセンダント牡牛座とMC山羊座の

組み合わせとアセンダント魚座とMC射手座の

組み合わせが浮かんできます。

アセンダント牡牛座とMC山羊座の組み合わせは、

第10ハウスに土星が入る可能性があり若くして

成功され従業員にちゃんと配慮するような

ローランドさんと合わない可能性が高くなります。

アセンダント魚座とMC射手座の組み合わせだと

考えると自分自身の理想とする現実的な空間が

ホストクラブということになります。

魚座の神秘的な好みと射手座の現実的向上心の融合です。

コロナウイルスの影響を考えてホストクラブの運営は

困難とし閉店しながらも可能な限り空家賃を再起に

向けて支払っていくという志を語っています。

ローランドさんにとって美しいコミュニケーションを

実現する空間がホストクラブであり、それが実現

出来ない現状が従業員や顧客の安全と同じくらい

大切なのではないでしょうか。

コロナウイルスには困ったものです。

ワクチンが開発されるまでは根本的にどうししょうも

ないでしょう。

今回初めてローランドさんのホロスコープを作って

みましたが、細かく見る興味深い点が沢山あります。

機会があれば細かく記事にしてみたいです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!