HSPタイプの人の弱点は、幸運体質の素というお話

sponsored link

あくまでもスピリチュアルな観点からですが、HSP

タイプの人は、魂を一定の向きにしておけないことで

自分自身の内面が常に不安定であったり揺らぎ

易くなります。

かと言って魂をコントロールしなければならない

という意味ではなく、魂が活発と言うか何かを

やりたがっているから、あちこちを向くだけです。

魂の向きが頻繁に変わるとある意味で中身は

別人になります。

この世での肉体は、本人自身のものですから

身体が別人になるわけではありませんが、中身

(気分、エネルギー量、自分自身の質感)は、かなり

変わります。

その変わった内容に対していちいち調整しないと

いけません。

HSPタイプの人は、この変化が中身と身体が

繋がる部分でおきますから気分が悪くなったり

体調不良を感じたりと違和感が出易くなります。

これはとても辛い状態ですが、このようなタイプの人は、

自分自身が楽しいと感じることに取り組むことで

少しずつ魂と身体の繋がるポイントが増えていきます。

その中でどれが育っていくかは分かりませんが

最終的に何かに落ち着いていきます。

魂があちこち向いてしまっても自分自身の感じ方を

上手く合わせられたらそれほど違和感は生まれません。

感じたことに対して自我の方が合わせていくことで

今まで苦しんでいた違和感は、逆に喜びになります。

sponsored link

先ずは、自分自身が関心を向けた部分が活性化しますが

やがて全体的に安定していきます。

このようなやり方は、抑えがたい感情が沸き起こって

やりたいことだけをどんどん実行したくなりますが、

安全に配慮しながら可能な限り試みることです。

全てを吐き出した時点が成功と言うか、その結果を

受け入れて次に魂が激しく動き出すまでは、

それをリピートして快適な状態を作ります。

そのプロセスでの違和感は、無理に我慢せずに

感じた時にはいったん中止します。

自分自身が望む以上の快適な感覚を得る手段は

何らかの自分の能力ですから世間的な価値観ではなく

素直な視点で長所を洗い直すことが必要です。

何でも良いですから一つのやり方に愛着が持てるように

なることが成功と言えば成功らしき基準になります。

しかしこれは魂と自分自身の繋がりをスムーズにする

ということが目的なので成功や失敗ではなく

魂と自分を繋ぐ部分(それ専用の心)を作る作業ですから

そこに終わりはありませんし、そもそも心ですから

成功も失敗もありませんし、心を快適な空間にするのは

イマジネーションですから自分自身が自由気ままに

発想を投影出来る取り組みが好ましいです。

快適な心理的空間は、どこかにあるものではなく少しずつ

手作りしていくものです。

やがて心身ともに寛げる空間に成長していくはずです。

それはものではなく自分自身の心ですから生き物でも

ありますから、育てていく視点が大切です。

このようなプロセスを繰り返しながら単なる快適な状態

だけではなく自分自身を信頼出来るようになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!