月や金星にハードアスペクトがある人が素晴らしい出会いをするための視点

sponsored link

ホロスコープを通して様々な幸運へのアプローチを

書いていますが、葛藤に対処するのが大変な配置として

スクエアがあります。

インコンジャクトも性質は異なりますが同じように

苦しむことが多いアスペクトですから、一緒に

書き進めていきます。

スクエアやインコンジャクトを前向きに克服する

過程で自分自身のスタイルが出来上がっていきます。

このプロセスに関しては、どこかで詳しく書いた

ような気がしますが見つかりませんでした。

その努力は、最初は苦しみから逃れたくて始まった

ものでも成果が出たり、愛着が湧くことで次第に

自分自身の譲れないスタイルになっていきます。

ところが今度はこれが愛の邪魔になります。

どうしてもそのスタイルを崩せなくて自分自身の

やり方に合わせてくれる相手を選んで交際したり、

何かと自分自身のスタイルで引っ張り回してしまいます。

このような態度は、愛かどうかと言われれば何とも

言えない部分があります。

恋人やパートナーが受け入れてくれたら愛と言えます。

このスクエアやインコンジャクト(それ以外もあります)と

言った葛藤を克服するために身に付けたスタイルと

自分自身の好みが合えば恋愛は、上手くいきます。

このスタイルは交際の中で目立ちますから基本的に

恋人やパートナーは、そのスタイルを好きなはずです。

葛藤を抱えている人の恋愛初期は、自分自身のスタイルを

受け入れてもらえるから好きという感覚も何割かあるでしょう。

このような部分も受け入れてくれる相手がいて、それを

喜んでくれるならば愛なのですが、葛藤を抱えている側が

真に愛を感じるには、本当に自分自身のスタイルを

好きになることが条件です。

これにはプロセスがあります。

いきなりどこかに正解が落ちているわけではありませんから

月にハードアスペクトがある人や金星にハードアスペクトが

多い人は愛に迷うことが多くなりがちです。

sponsored link

先に「恋人やパートナーが受け入れてくれたら愛と言えます。」

と書きましたが、実は月や金星にハードアスペクトがある人は、

自分自身のスタイルの材料となる葛藤こそが愛なのです。

これを苦しみとして拒否する時期もあれば、克服しようとして

躍起になる場合もあります。

周囲の人に認めてもらいたくて躍起になることもあります。

頑張って手に入れたはずのスタイルに裏切られたような

気になることもあるでしょう。

そのような葛藤が愛と言うのは納得いかないかも知れませんが、

月や金星にハードアスペクトがある場合は、月や金星が関わって

いますから、そうやって愛を感じたり繋がったりするように

なっています。

月や金星のハードアスペクトは、成長はしないかも知れませんが

成熟はしていきます。

それは嫌なものに慣れるとか妥協ではなく、もっとポジティブな

ものです。

縦には伸びませんが広がっていくような成長パターンを描きます。

出会いを大雑把に言えば、自分自身のスタイルを貫き難い時が良い人と

自分自身のスタイルを維持出来ている時が良い人の二通りに別れます。

自分自身のスタイルを貫き難い時が良い人の場合

月にハードアスペクトが多い人です。

崩れる時はとても崩れますから、そんな時でも自分自身が

培ってきたスタイルを認めて見出してくれる人や

受け入れてくれる相手が良いです。

そのような相性は、お互いに潜在的に持っている良さを

取り出せる可能性のものです。

ホロスコープ全体の問題になりますから、これと言った

書き方はなかなか出来ませんが、杏さんと東出昌大さん関連の

記事で相性の置き換えについて書いています。

この置き換えが良い方向で表れた時にこのような相性になります。

自分自身のスタイルを維持出来ている時が良い人

金星にハードアスペクトが多い人は、自分自身のスタイルが

維持出来ている時が良いかも知れません。

「知れません」と言うのは、素直さが関わって来るからです。

見苦しい自分を頑なに拒否し過ぎるとそこで交際期間に空白が

出来てしまい場合によっては自然に消滅します。

金星から恋愛がスタートするとどうしても始める可能性は

高くても別れ易くもあります。

月はその逆です。

月部分の説明になりますが、

月は、星座やアスペクトの他にもお互いの太陽に依存したり

尊敬したりと複雑なところがあります。

お互いの太陽や月のハウスに助けられるパターンもあります。

まとめ

ここまで書いて思いましたが、やはり相性は、個別に書かないと

結局、それぞれのことがどうなるのかまで書けません。

今回は、このような視点もあるんだと思って頂ければ幸いです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!