素早く深い関係になれるタイプの人

sponsored link

性的な関係にのめり込み易いタイプの人という記事が

思ったよりも読んで頂けたので深い関係シリーズを

もう一追加します。

深い関係をどのように捉えるかは、本当に人それぞれ

ですが、様々な意味でかなり重要なテーマです。

スピリチュアル的にも決して一人では得られない周波数が

発生します。

周波数とか言うと機械みたいですから別の言い方を

すれば響きです。

人は、自分一人で自由になることは不可能です。

「えっ」と思われるかも知れませんが、誰かの気持ちを

受け入れるから自由になれます。

ですから拒絶すればするほど不自由になります。

たまたまでしょうがオリンピック代表級の選手が、続けて

不祥事を起こす結果になりました。

それは妻や交際相手を受け入れずに拒否したから

とも言えます。

そのような状態は、自分自身を不自由にします。

人は、深く繋がれる相手を通して真の自由を得るからです。

表面的な付き合いをする人が大勢いても真の自由を

感じることは難しいでしょう。

限度を超えれば自由どころか負担に感じるはずです。

だからと言ってまったく一人で真に自由になれるかと言えば

そうではありません。

深く繋がる対象は、恋人やパートナー以外にも様々な

存在がありますが、それらはかなり個人的なセンスに

左右されるので一般的ではありません。

このような理由で深い関係を取り扱っていますから

期待して読まれても「何だか違うぞ」と思われることも

多々あるかも知れません。

今回の記事は、素早く深い関係になってしまうタイプの人に

付いて書いています。

sponsored link

素早く深い関係になる人にもいろんなタイプの人がいますが、

今回紹介するのは、第5ハウスの支配星がアセンダントと

コンジャンクションしているタイプの人です。

記事の都合上一部だけをピックアップしていますが、

ホロスコープ全体を読むことが大切です。

第5ハウスは、恋愛感情を表すハウスです。

現実的な部分では、恋愛の第1ハウスに当たります。

その支配星がアセンダントとコンジャンクションしますから

支配星は、第1ハウス若しくは第12ハウスにあることになります。

支配星が第1ハウス

第5ハウスにある支配星が第1ハウスにあってアセンダントと

コンジャンクションしている場合は、自分自身の衝動性に

気がついていることが多いでしょう。

支配星が第12ハウス

第5ハウスにある支配星が第12ハウスにあってアセンダントと

コンジャンクションしている場合は、自分自身では引っ込み思案な

つもりなのに、そのようなシチュエーションと出会うとちゃんと

スイッチが入ります。

引っ込み思案そうに見える感じから肉食系の人に誘われても

割と冷静に見ていて嫌なら飛び込みません。

このようなメンタルが働くのは、肉食系の人と同じ

メンタルのスピードを自分自身も持っているからこそ

巻き込まれないのです。

感覚的に見える状態です。

通常の詐欺でも何でも何らかの餌食にされてしまうタイプの人は、

そのことに関して見えていない人です。

まとめ

早く深い関係になるということは、真面目とか不真面目の

問題ではなく、そのようなテーマに対する感覚的なスピードの

問題です。

一生深い関係を持たなかったから真面目な人という評価は

しないのと同じです。

人類が絶滅してしまいます。

今回は、第5ハウスの支配星とアセンダントのコンジャンクションを

紹介しましたが、本来、ホロスコープの作用は複雑にフォロー

し合っています。

このように一部だけを切り取っても真逆に展開することがあります。

ほどほどに違うと言うことにはなり難いです。

ですからもしこのようなタイプの人であれば、このポイントを

他のどんな要素がどのようにフォローしているか確認して下さい。

そうすれば沢山のことが理解出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!