キロンのアスペクトで考える深田恭子さんの適応障害

sponsored link

パートオブフォーチュンで考える深田恭子さんの適応障害の理由

の続きです。

深田恭子さんのキロン(カイロン)牡牛座は、ハードアスペクト

が目立ちます。

1、キロン牡牛座と水星天秤座のインコンジャクト

自分自身に気品や精神的にゆとりがあるように

振る舞うことをトレーニングしようとします。

これは牡牛座的な物質的価値観が傷ついていることを

克服しようとしていることを表しています。

もちろんモチベーションは、常に変化します。

2、キロン牡牛座と土星天秤座のインコンジャクト

気品や生活のゆとりに関する規範を身に付けようとします。

これは牡牛座的な物質的価値観が傷ついていることを

克服しようとしていることを表しています。

もちろんモチベーションは、常に変化します。

3、キロン牡牛座と冥王星天秤座のインコンジャクト

これは世代的なアスペクトです。

生死や性的な問題を扱う時に俗っぽいことを感じない

ゆとりのある態度で扱いたいと思って努力します。

もちろんモチベーションは、常に変化します。

4、キロン牡牛座と海王星射手座のインコンジャクト

牡牛座的な物質に関する価値観を探求する時に他人との

境界線が曖昧になるかも知れません。

もっともイメージし易いのは、恋人やパートナーの社会的な

地位がもたらす豊かさと自分自身の豊かさを混同することです。

深田恭子さんのキロン牡牛座は、第9ハウスにあるので

家庭環境(深田恭子さんは、10代前半くらいまで)で

出来上がった心の傷でが原因で物質的豊かさに強く

憧れるようになったことが考えられます。

5、キロン牡牛座とパラス蠍座のオポジション

傷付いた物質的価値観と本質をつかみとろうとする能力が

対立し、若しくは原動力となって言動が他人に理解して

もらえないことがあるかも知れません。

物質的価値観と書くと何か大袈裟ですが、簡単に言えば

お金持ちなイメージに対して具体的に向かい合った時に

上手く深田恭子さんのことを理解してもらい難いかも

知れない可能性があるということです。

sponsored link

1から5のアスペクトは、太陽や月のアスペクトでは

ありませんがこれだけキロンがハードアスペクトだと

何かしら葛藤を感じる機会があるはずです。

これらの葛藤は、どのように解決されてきたのでしょうか。

深田恭子さんのキロンは、第9ハウスにありますが、

それだけではなくMCにもっとも近いのがキロンです。

これだけ牡牛座のキロンが目立っていれば自分自身の

葛藤が人生の重要な課題として意識されていたと思うのです。

ホロスコープの上半分に天体が月しかないから妻的立場よりも

仕事をするという考え方をしても良いのですが、世の中には、

仕事も家庭も両立する女性が沢山います。

交際が順調に進みば結婚生活を送りながらでも女優として

働き続けることは、何の問題もありません。

リンク記事では第7ハウスのPOFについて言及しましたが、

そのことと併せて考えると子供の頃に何らかのの傷を

負った豊かさに対する価値観があってそれを社会の中で

克服しようと頑張ってきた姿が想像出来ます。

ただこれまでの深田恭子さんの実感として芸能人としては

評価を得ることは出来たけれども自分自身でいつまでも

頑張らないといけない状況が受け入れ難かった可能性があります。

深田恭子さんの交際されてきた相手が社会的な豊かさを

備えていることも相まってこのような読み方も出来ますが、

もっと最悪な場合であればキロン牡牛座は、自分自身に対する

価値に何らかの傷を負っている可能性があります。

つまり交際相手が深田恭子さんのイメージと豊かさに対する姿勢と

ギャップを感じてしまい交際がなかなかゴールに至らないという

個性の問題ではなく、深田恭子さんが自分自身の価値に

癒し難い葛藤を感じて適応障害を引き起こしていると

かなり大変です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!