加藤綾子さん(カトパン)のお相手が年商2000億円の社長な理由

sponsored link

月星座以外で考えたい結婚の相性の2大ポイント

と言う記事でドラゴンヘッドを取り上げましたが、

加藤綾子さんのドラゴンヘッドのサビアン度数は、

牡牛座19度す。

サビアン名は、「新しく形成される大陸」です。

このサビアン度数は、自分自身の深い意思に対して

忠実に振る舞うことを要求します。

それは、牡牛座の度数の発展段階として無駄なものを

排したことで自分自身の意思がより明確になるからです。

迷いがない状態です。

加藤綾子さんの興味深いところは、太陽と冥王星が

オポジションですから常に自分自身の自我を超えるような

ものでなければ自分を託す気にはなれません。

それが年商2000億円の2代目社長ということなのでしょう。

「なのでしょう。」と書く理由は、加藤綾子さんにとって

自分自身の自我を弱めても良い相手は、それくらい極端な

存在でなければならないということだからです。

生まれ時間が不明なので主要なアスペクトしか分かりませんが

自分を託せるという太陽と冥王星のオポジションの基準が

恐らく2000億円でないといけないような配置になっている

はずです。

sponsored link

加藤綾子さんの生まれ時間は、不明ですから正午計算で

ホロスコープを出しています。

つまり1985年4月23日生まれの人は、太陽と冥王星の

オポジションがあるのですが、このアスペクトが意味する

基準は、生まれ時間によって変わるアングルの位置に

よって変わります。

分かり易く言えば生まれ時間によっては、年商ではなく

年収200万円でも良いわけです。

ただし「自分自身の深い意思に対して忠実でなければ

ならない」のです。

生まれ時間が不明であれば年商2000億円でも

年収200万円にもなりますからざっくりとみるしか

ないのですが、この忠実な意思というものは、女性限定ですが

自分自身の価値観において男性パートナーが普通の才能の

持ち主では、満足出来ないことを意味していて、何かしら

特別な存在でないといけません。

しかもそれは、太陽と冥王星のオポジションを持つ女性の

欲求を意味しますから、男性パートナーがそれに応えられない

ようであれば離婚問題に発展していきます。

ネイタルの金星にトランジットの金星のアスペクトが出来る時

(今回はスクエア)に水星と金星のコンジャンクションを持つ

加藤綾子さんの結婚報道が出るのは、とても加藤綾子さんらしい

と思います。

友情っぽい愛情のトランジットなのですが、そもそも

水星と金星のコンジャンクションがそんな意味合いの

アスペクトなのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!