甘味さんの会わせるサギの影響が与える美しい人の展開

甘味さんの会わせるサギの影響は、美しい人の展開に良い影響が

あるのかという問いを立ててみました。

1枚目のカード

コインのキングの逆位置

1枚目のカードは、2枚目のカードの過去や動機を表しています。

相手と合意に達することは、難しいと読むことが出来ます。

2枚目のカード

女帝の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

女帝のカードですから、創造性を発揮したと言いたいところですが

逆位置ですから、環境に振り回された可能性があります。

3枚目のカード

魔術師の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の時間を表しています。

魔術師の正位置ですから、素直に新しいスタートを切れると

読むことが出来ます。

問題は、魔術師のスタート作用のサイズ感です。

これは、それまで繋がっていた元の状態よりも、より適切な状態に

なるからこそ、取りあえずスタート地点に立てるわけです。

正位置ですから目立たないかも知れませんが、サイズダウンは

否めません。

甘味さんとしては、新しいスタート地点(魔術師の正位置)から

再び世界のカード(目標達成)を目指せば良いだけです。

死に神のカードにポジティブな意味があったり、魔術師の正位置に

サイズダウン出来るから新しいスタートが切れるとか書くと

戸惑いを感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、当事者が

目の前にいない場合は、細かくてもカード全体に共通する

ニュアンスを辿るような読み方が有効かも知れません。

4枚目のカード

コインの6の正位置

4枚目は、甘味さんの対策カードになります。

周囲のアドバイスに従うこと(コインの6の正位置)と

読むことが出来ます。

5枚目のカード

コインの5の正位置

5枚目のカードは、美しい人の件に対する影響を読みます。

一般的ではない読み方ですが、問いを立てた内容の応答を

ここで受けます。

コインの5のカードを簡単に言えば、地位や財産を失うと

いった感じになります。

美しい人は、亡くなっていますから、先ず、このカードの

意味が美しい人に及ぶことは、ありません。

美しい人が当事者であれば「報われない」(コインの5の正位置)

と読んで関係ないといったん読みます。

まとめとなる7枚目も甘味さんのカードも「7」ですから

何らかの勝敗が出ます(正位置ですから目立たず処理されるかも)。

もし甘味さん側が負ければ美しい人側に良い影響(書き易くなる何か)が

生じるかも知れません。

ただ、それをすると行った人が地位や財産を失う(コインの5のカード)

の影響を被る可能性があります。

6枚目のカード

コインの7の正位置

6枚目のカードは、甘味さんの本音部分を表しています。

実際に(コイン)に流れる(7)と読みますから「どうしよう(動揺)」と

取りあえず読んでおきます。

6枚目のカードも、7枚目のカードも「7」なのですが

それまでの立ち位置まで走っていって決着を付ける

ニュアンスがあります。

7枚目のカード

カップの7の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人のタロット占いでカップの7の正位置が出る場合は

一般的な正しい手段に反するみたいな内容で読まれることが

多いカードになります。

普通ではない方法(カップの7の正位置)で実際に(コイン)

何かが流れる(7)ことを防ぐと読むことが出来ます。

6枚目のカードも、7枚目のカードも「7」なのですが

それまでの立ち位置まで走っていって決着を付ける

ニュアンスがあります。

甘味さん自身が動くことはないでしょうから誰がどのように

動くのか注目されるところです。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

ちょっと期待して読んでみました。

何か証拠があれば印象は、変わります。

報道してもらえれば気付く人も増えます。

印象操作は、考えるよりもはるかに有効な手段です。

大きな力を使わないと利益も情報も動きません。

しかし美しい人を救済する力は、小口で数頼みです。

ささやかでも、ちっぽけでも、やはり証拠が欲しいところです。

読みとしては、期待は薄いですが、それでも以上のような理由で

期待しつつ待ちます。

sponsored link
error: Content is protected !!