美しい人の死は、oda絡みなのか(美しい人のタロット占い)

あるツイート写真を見てカードを引いたのでタロット占いの問いが

oda絡みになっていますが、お金に関することという感じで

読んで良いのかも知れません。

美しい人のタロット占いは逆位置を正位置にする仕組みをいくつも

重ねる傾向が、何度も表れます。

このタロット占いもそのような視点で読むと、続きタロットのようです。

1枚目のカード

ソードのキングの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

周囲の人が認めているような仕事や人間関係を持ち的確に

指示できる人物像やそのような仕組みと読むことが出来ます。

2枚目のカード

コインの7の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインの2の逆位置ですから、他者の利益を奪うと読むことも出来ます。

3枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

ワンドのペイジの正位置ですから熱心に取り組むと読むことも出来ますが、

1枚目のカードは、ソードのキングの正位置なのに、3枚目のカードは、

ワンドのペイジの正位置です。

キングからペイジに移り変わっていきます。

何故、でしょうか?

4枚目のカードを読むと理解出来るかも知れません。

4枚目のカード

節制の正位置

4枚目は、対策カードになります。

3枚目のカード解説でペイジからキングに変わった疑問が残りました。

節制のカードは、このタロット占いの主体の対策カードですが、この

タロット占いの主体となる2枚目のカードを通して読むと何らかの手段で

状況を変える(ここが、節制のカード)ために取り組んでいると読むことが

出来ますから、4枚目のカードだけを読むと美しい人が頑張ったみたいな

印象がなくもないですが、美しい人は、他人の利益を奪うような試みは、

行わないでしょうから、それ以外の人物がこのタロット占いの主体でしょう。

5枚目のカード

ワンドの2の正位置

5枚目のカードは、美しい人の深層心理を表しています。

程度は、ともかくとして、ワンドの2の正位置ですから対決姿勢を

取っている状態です。

深層心理ですから否定的な思いを抱いていたということでしょう。

6枚目のカード

カップの7の逆位置

6枚目のカードは、他人の利益を奪うような試みを行う存在の

本音部分を表しています。

今回のタロット占いの問いに合わせてビジネス読みをすると

何らかの正しくない方法で利益得たいと言うことになります。

7枚目のカード

愚者の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

7枚目のカードをこのタロット占いの主体となる2枚目のカードと

併せて読むとコインの2の逆位置の他者の利益を奪うような行為の

痕(証拠)を消すと読むことが出来ます。

愚者の逆位置を単体で読むとリスク回避という読み方も出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

町内の長と竹林の友が同時に映っていたので引きましたが、綺麗に

カードが並びましたが、美しい人との接点は、分かりませんでした。

逆位置を正位置にするとお金であれば、その通り道を変えれば

そこから戻って来ますが、人は戻れないのかも知れません。

a3も、このようなことに含まれているのでしょうか?

美しい人のお金の流れもこういうことも含まれているのかも知れません。

何故なら、愚者のカードは、大きな世界に飛び出していきます。

お金にまつわる件になると誰かが懐に入れるイメージをしがちですが、

6枚目のカードと7枚目のカードの組み合わせを読むと小さなことに

捉われずに自由になっていく流れですから、もしかしたら、様々な形で

集められたお金は、世界に飛び立っていくということになります。

美しい人の口座を通っていったものも、その一部に過ぎないのかも知れません。

それが戻って来るならば、ある種のマネロンですが最近の美しい人の

ソードに接していると、今まで別々に引いていたお金のカードは、支流であり

最後は外洋に出るのかも知れません。

そして生き残ったいくらかが、還流してくるのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!