芦名星さんや藤木孝さんが亡くなったことについてのタロット占い

芦名星さんや藤木孝さんが、何故、亡くなったのか、カードを

引いてみました。

1枚目のカード

コインのクイーンの正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

何らかの計画を立てていたと読むことも出来ます。

2枚目のカード

カップの7の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

法律や道徳に照らし合わせて適切ではない手段が取られたと

読むことも出来ます。

3枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

このワンドのペイジの正位置は、メッセージだと読みました。

誰に対するメッセージでしょうか?

芦名星さんや藤木孝さんは、亡くなっていますから、メッセージの

対象には、なり得ません。

美しい人は、芦名星さんや藤木孝さんが亡くなる以前に亡くなっています。

芦名星さんや藤木孝さんは、ホリプロでした。

4枚目のカード

ソードの5の正位置

4枚目は、対策カードになります。

積極的な動きで独自の判断を主張すると読むことも出来ます。

直訳すると、何かわがままな感じですが(実際、客観的に見れば

そのようなカードです)、主観的に見れば、正義です。

信じているところを他者を気にせずに主張します。

それだけの情熱みたいなものが、あります。

ソードのカードですから何らかの根拠となる判断があります。

この判断を元に突き進むことで芦名星さんや藤木孝さんに

向かっていったと読みました。

5枚目のカード

カップの10の正位置

5枚目のカードは、芦名星さんや藤木孝さんの深層心理を表しています。

カップの10の正位置を単体で読むと満足ということになります。

お二人とも亡くなっているのに、これだけ読むと意味不明です。

しかしこのタロット占いの中心となる2枚目のカードから読むと

目的を向かって頑張っていたから満足ということになります。

では、その目的は、達成されたのでしょうかと言えば、逆位置ですから

恐らく未達だったと思います。

6枚目のカード

カップの5の正位置

6枚目のカードは、芦名星さんや藤木孝さんが亡くなったことに

関わった側の本音部分を表しています。

カップの5のカード単体で読むとがっくりきていると感じになります。

何故、がっくり来ているのか?

このタロット占いの中心となる2枚目のカードを併せて

自分たちが勝っていることを証明出来なかったと読みました。

7枚目のカード

カップの2の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

カップの2のカードは、バランスが取れていれば愛情っぽくなりますが

それでもその時々の偶然な動きに影響を受けます。

ましてや逆位置ですから、その時々の感情で一気にバランスが

損なわれます。

カップの2のカードの逆位置を、このタロット占いの中心となる

カップの7の逆位置と併せて読むと、そんなに深い見通しは、

なかったと読むことも出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

霊の話とかを無視すると、何らかの形で人を消しても亡くなった人に

メッセージを送るということは、あり得ません。

わざわざ手間をかけて危険なことをするのは、生きている人間に対する

メッセージです。

簡単に読めそうなカードですが、けっこう難しいものでした。

日々読んでいる人に○○○が協力したからという流れもあるかも知れません。

このタロット占いの主体を入れ替えて読んだ方が良いのかな?と途中で

考えましたが、このタロット占いの中心となる2枚目は、カップの7の

逆位置ですから、芦名星さんや藤木孝さんには、そぐわないと考えました。

目の前に本人がいないのに占うスピリチュアルタロットは、主体を

入れ替えて言語化して比較することもけっこうあります。

sponsored link
error: Content is protected !!