上島竜兵さんは、コントの練習中に誤って亡くなったのか?

上島竜兵さんのタロット占いという記事のコインの9の正位置で

「今回の上島竜兵さんの死に至るまで、どこかで中身が成長し続けた

と読むことが出来るのです。

聞こえてくるものが真実とは、限らないのですからあらゆる可能性を

平等に考えて言語化すると自にしろ、それ以外にしろ、それなりの

時間がかかっていると読めるのです。」と読みましたが、この時間に

ついてカードを展開してみました。

1枚目のカード

吊られた男の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

上島竜兵さんは、身動きが取れない状況(吊られた男の逆位置)と

読むことが出来ます。

吊られた男のカードは、新たな視点を得ようとするポジティブな面が

ありますし、逆位置は、単純な否定では、ありません。

目的に対して何らかの形で取り組み難い影響がある可能性を示唆

するものです。

2枚目のカード

コインのペイジの逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コインのペイジの逆位置ですから、ちょっと手を抜くような側面があります。

少なくとも本気(正位置のコインのペイジのカード)とは、読めません。

3枚目のカード

コインのキングの逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

今回のタロット占いは、上島竜兵さんが亡くなるまでのタロット占いなので

全て過去について読んでいます。

このコインの逆位置のカードは、上島竜兵さんがぎりぎりまで我慢した

と読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインの5の正位置

4枚目は、上島竜兵さんの対策カードになります。

自分自身の立場を失いそうなことに対処しようとしたと読むことが出来ます。

それと同時に何らかの理由で、首に過重がかかり続けた状態で我慢したのに

それが報われなかった(コインの5の正位置)と読むことも出来ます。

誰かと一緒に練習していたのかも知れません。

少なくとも、その練習に対して評価する視点があった可能性があります。

5枚目のカード

カップの10の正位置

5枚目のカードは、上島竜兵さんの首に過重がかかり続けた状態の

側にいた人物の本音部分を表しています。

上手くいった、そして満足している(カップの10の正位置)と

読むことが出来ます。

6枚目のカード

ソードの2の逆位置

6枚目のカードは、上島竜兵さんの本音部分を表しています。

この時の行為に対して何らかの葛藤を感じていたが、上島竜兵さんの

首に過重がかかり続けた状態の側にいた人物と争いたくなかった

と読むことが出来ます。

7枚目のカード

コインの10の逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

もしかしたら上島竜兵さんに大きなバックアップをするような話

(コインの10の逆位置)があったのかも知れません。

そして何かしら芸を見せてくれと頼まれたのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!