美しい人を消した側が依頼した二つの組織

1枚目のカード

世界の正位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

美しい人を消すための取引がまとまったと読みました。

2枚目のカード

ワンドの6の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

取引が上手くいったはずなのに(1枚目のカードは、世界の正位置)

美しい人を消すことを依頼した側と実際に消した側は、協力関係

ではなかった(ワンドの6の逆位置)と読みました。

3枚目のカード

カップの6の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

カップの6の逆位置ですから、美しい人を消した側は、実際に

美しい人を消すだけの能力がなかったと読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインのペイジの逆位置

4枚目は、対策カードになります。

美しい人を消す相手を依頼しっかりと計算した(コインのペイジ

の正位置)と読みました。

2枚目のカードと3枚目のカードが元素違いですが、同じように

小アルカナの「6」でした。

せっかく1枚目のカードが世界の正位置なのに、何かが折り

合わなかった部分があると読みました。

最初に合意した後に、美しい人を公開消滅させる場のこと

でしょうか?

「6」は、良い数字ですがネガティブに読めば完全な状態から

平等に美しい人を消した側が分けられたことが理解出来ます。

一つは、美しい人を消す舞台(ドラマ)の選択でしょうか。

もう一つは、何で悩んだのでしょうか?

山かマンションかという選択でしょうか?

しかし、もっと適切な分割がある可能性があります。

完成した状態から、敢えて分けることにした(美しい人を

消すことを依頼した)メリットは、何でしょうか?

ドラマの選択でも場所の選択でもなく、美しい人を消すための

関係組織が2種類だったと読みました。

それらのメリットは、何でしょうか?

5枚目のカード

カップの5の逆位置

5枚目のカードは、美しい人を消した側の本音部分を表しています。

これは、当然かも知れません。

自分自身で消すノウハウがないので自信がなかった(カップの5の

逆位置)と読みました。

6枚目のカード

ソードのナイトの正位置

6枚目のカードは、美しい人を消す実務を担った側の本音部分

を表しています。

自分たちにとって有利な環境(美しい人が愛した国をコントロール

することで)を作りたい(ソードのナイトの正位置)と読みました。

7枚目のカード

ワンドのペイジの正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

美しい人を消した側は、自分たちに適切な環境を得るために

活発に活動している状態と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

美しい人を消した側が協力を依頼した二つの組織について

読んでみましたが、メリットは、何でしょうか?

取りあえずえっちけと山には、ノウハウがあると言うことでしょう。

sponsored link
error: Content is protected !!