法要と親友商法のタロット占い(美しい人のタロット占い)

1枚目のカード

法王の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

相手の心を傷付ける精神的な暴力(法王の逆位置)と読みました。

過去のカードですから、美しい人に対する行為かと読んでも良い

のですが、4枚目の対策カードがコインのクイーンの逆位置(計画)

ですから、何らかの利益を求めてのこと(法王の逆位置)と読みました。

最後のカードまで読むと美しい人に精神的な暴力(ガスライティング)

を加えたことも関係があると読むことが出来ます。

2枚目のカード

皇帝の逆位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

コントロール過剰な上司に権力や立場を利用した嫌がらせを受けていた

(皇帝のカードの逆位置)と読みました。

1枚目の法王のカードからの皇帝のカードですから、何かしら主張

したいことのためと読むことが出来ます。

この主張内容が今回のタロット占いのポイントになります。

3枚目のカード

ワンドの2の逆位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

何らかの状況や誰かを使ってリスクを回避した(ワンドの2の逆位置)

と読むことが出来ます。

皇帝のカードからワンドの2のカードですから表立って行動せずに

状況をコントロールしようとした(皇帝のカードからワンドの2の

カード)と読むことが出来ます。

4枚目のカード

コインのクイーンの逆位置

4枚目は、対策カードになります。

コインのクイーンのカードですから、堅実に計画を立てていたと

読むことが出来ます。

逆位置ですから、完全に想定済みだったということなのでしょう。

5枚目のカード

ワンドの8の逆位置

5枚目のカードは、クロタさんの本音部分を表しています。

本当は、気の進まない取り組み(ワンドの8の逆位置)と読みました。

6枚目のカード

ソードの6の正位置

6枚目のカードは、今回の計画を立てた存在の本音部分を表しています。

何かを妥協することで成果を得ようとした(ソードの6のカード)

と読むことが出来ます。

あれこれと取捨選択した結果を積極的に進めていると読みました。

7枚目のカード

ワンドのナイトの逆位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

世間の目を意識して見た目や物事の外観を飾ろうとした(ワンドの

ナイトの逆位置)と読みました。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

1年前に美しい人の骨に執着していた存在が、下見に来ていますが

そのことと、法要と美しい人が愛した舞台は、無関係ではないと

読みました。

後々、アピール材料になると読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!