ボイスの勉強ノートは、何故、美しい人の恋愛を語るのか?

美しい人の何の勉強ノートなのかは、ともかくサラッと読んでみました。

1枚目のカード

法王の逆位置

1枚目のカードは、このタロット占いの過去や動機を表しています。

何らかの利益を重視して動いていたと読みました。

美しい人が生きている頃からそうだと読んでいます。

2枚目のカード

ワンドのナイトの正位置

2枚目のカードは、このタロット占いの中心となるものです。

ボイスは、何らかの良い機会を手に入れるために素早く動いた

(ワンドのナイトの正位置)と読むことが出来ます。

3枚目のカード

愚者の正位置

3枚目のカードは、2枚目のカードの先の状態を表しています。

この愚者のカードの正位置は、今回、美しい人のプライベートに

関して暴露(?・真実かは、不明)することでボイス自身の立場を

危うくする(愚者のカード)と読むことが出来ますが、今回のタロット

占いのカードを美しい人が生きている時だったらという前提条件で

読むとある立場を投げ出したと読むことが出来ます。

簡単に言えば、途中から美しい人を消した側の仲間になったと

読むことが出来ます。

4枚目のカード

カップのクイーンの逆位置

4枚目は、ボイスの対策カードになります。

美しい人を消した側が引き込んできた時点で、誰かに相談

すべきだった(カップのクイーンの逆位置)と読むことが出来ます。

5枚目のカード

コインの3の正位置

5枚目のカードは、4枚目のカードで解説したボイスが相談

すべきだった誰かの本音部分を表しています。

利益が得られるから(コインの3の正位置)、積極的に参加すべきだ

(これは、コインの3の正位置の気持ち)と読みました。

ボイスが美しい人を消した側が提案したことを相談した相手が

積極的に許可したと読みました。

6枚目のカード

ソードのキングの逆位置

6枚目のカードは、ボイスの本音部分を表しています。

自分自身の利益を優先した(ソードのキングの逆位置)

と読むことが出来ます。

自分自身と書きましたが、相談した相手や美しい人を消した側の

利益でもあるのでしょう。

7枚目のカード

塔の正位置

7枚目は、このタロット占いのまとめ的なカードになります。

少なくともボイスは、事がばれれば信用を失う(塔のカードの正位置)

と読むことが出来ます。

今の美しい人のソードのクイーン(光)へ

これまで散々読んできましたが、とうとう尻尾が出て来たと読みました。

サラッと書いているので解説は、書いていませんが、ボイス自身が

書いていないかも知れません。

名義貸しと言うよりも内容を擦り合わせていると言うか、ブレンド?

したのかも知れません。

名義貸し?共作(ボイスは、2くらいで他者が8くらい)と読みました。

sponsored link
error: Content is protected !!