高畑充希さんに学ぶ射手座22度の豊かさ

1991年12月14日正午大阪生まれで計算しています。

射手座21,6度は、射手座を一度ずつ分けると21,00度

ら21,99度は射手座22度になります。

どのサイン(星座)でも21度~25度は、力が発揮出来る

度数帯です。

その中でも射手座が本領を発揮するのは、単に人との関わり

だけではなく、様々なレベルの集団(ライバルチーム、会社、

時には、国家)との関係性を通して盛り上がっていきます。

己の内面の中だけで燃え上がっていく獅子座と決定的に違う

部分です。

それらに対して射手座は、可能性に向かっていくらでも挑戦を

続けるので、ピークが来るのは、23度、24度になります。

sponsored link

そのピークの内容は、射手座の場合は個人や集団の精神性を

反映した活動がメインになりますから、高畑充希さんのように

演技や音楽等は太陽のサイン(星座)射手座の理想を反映するのに

相応しい分野になります。

22度は、ピーク一歩手前ですが、21度で頑張り過ぎて

心身ともに消耗し、自分を見失う段階を超えて来た22度なので

粘り強く頑張れるのが最大の強みです。

どのサインでも21度では、本人の限界を超えて頑張るので

目標に到達したとしても、個人の人生スパンで考えると、

自分自身を見失う期間が大なり小なり発生します。

場合によっては、実際の人生において目的に到達したのに、

燃え尽きたまま終わってしまう人もいます。

sponsored link

そんな状況から復活する時に本当の拠り所になるのは、その人が

打ち込んで身に付けてきたものです。

精神的なものと行動は不可分なもので、どんなに落ち込んでも

ある動きをすることで心が落ち着いたりします。

それは継続した時間、集中した度合の総量が大きいほど、本人が

思う以上に味方になります。

自分の中にもう一つの人格があるような感じになるのです。

自分で努力して育てたはずなのですが、別人格みたいに

支えてくれます。

射手座はどこまでも上を目指したがるので、自ら適切な

タイミングで休むことは難しいのですが、自分の中に育ててきた

もう一人の自分がフォローしてくれるので、より前進することが

可能になります。

高畑充希さんは、そんな射手座22度の豊かさを存分に生かして

多方面に活躍されていると思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!