石原さとみさんに学ぶ山羊座2度の豊かさ

[ad#ad-1]

1986年12月24日正午東京で計算しています。

石原さとみさんの太陽サイン(星座)は、山羊座1,99度で、

山羊座を1度ずつ考えると、山羊座2度になります。

これは、まだ山羊座の若い度数なので、射手座で確立した

精神性を引きずっているのですが、とうとう山羊座2度で

内面に残る射手座の精神は壊れてしまいます。

石原さとみさんを全体的に考えると、非常にポジティブ

というか、恋愛、仕事でも非常に多くを望むタイプです。

これが育つ過程で身に付けた価値観を最終的に、

壊してしまいます。

それは、ある種の心労を引き起こすかも知れませんが、

山羊座的な競争社会にどっぷり入って行くという意味でも

あるので、単純な判断は出来ません。石原さとみさんの

場合で考えれば、ある種の宗教的雰囲気の中で育ったとしても

石原さとみさん自身の性質である、仕事や恋愛等に対する

貪欲さが、その雰囲気から受け継いだものを壊すまで

動いてしまうのです。

石原さとみさんの貪欲さは、情熱に支えられて、まるで

生き物のように、環境が変われば、そこにある愛や美しさを

見出して手に入れようとします。

その情熱こそが山羊座的原動力であり、山羊座が象徴する

現代社会に突入していく動機なのです。

石原さとみさんの周囲にいた人は、本当は生い立ちで

身に付けた雰囲気、内面性を壊して欲しくなかったはずです。

具体的に言えば、芸能界に入ることは反対だったでしょう。

それは、ある種の宗教的雰囲気を否定することになりかねない

選択だからです。

それでも石原さとみさん自身としては、自分自身の内面の

衝動、情熱に対して忠実に振る舞うことで山羊座らしさを

獲得していくのです。

[ad#ad-1]

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!