小池百合子さんから学ぶ、サビアン度数の働き方

小池百合子さんの太陽サインのサビアン度数、

蟹座24度です。

サビアン度数の働きを見ていると、人生の

初期は、一つ前の度数の色合いが濃く表れたり

野球のピッチャーの投球モーションのように

予備動作として、一つ前の度数の資質が

出て来てから、目指す度数に入っていきます。

小池百合子さんであれば、1度前の蟹座23度の

資質を出しながら、目指すべき太陽サインの

蟹座24度が出てきます。

sponsored link

小池百合子さんは、この予備動作が

非常に分かり易い人かも知れません。

サビアン度数蟹座23度は、自分の属する集団に

不足するものを的確に批評出来る知性を

活動サインらしく縦横無尽に使いこなします。

蟹座23度は、身内を批評する活動サインとも

言えるもので、蟹座23度の人が属する集団の

調整機能の役割を果たします。

実際に、小池百合子さんの活動の足跡を

思い起こすと、常に特定の誰かを批評することで

耳目を集めてきました。

sponsored link

蟹座23度の批評力は、自分の属する集団を

批判するので、的確であり、絵空事ではありません。

ですから、具体的に誰かを攻撃することになります。

小池百合子さんの太陽サインのサビアン度数は、

蟹座24度ですから、この批評、攻撃を

繰り返した結果、もはや自分の理想の集団を

作るしかないと決意するのです。

しかも、サビアン度数蟹座23度までと

異なるところは、単なる批評ではなく

現実に理想を築き上げようとするところです。

それが、今回の希望の党結成であることは

言うまでもないでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!