第7ハウスの月と恥ずかしい格好

恋人とデートにいく時に、知り合いに

会うかも知れないから、恥ずかしい格好は

出来ないと言う人は、第7ハウスに月が

あるかも知れません。

男女問わず、出かける準備に長時間

必要な人たちです。

第7ハウスが気にするのは、人の視線です。

自分がどのように見られているのか

気になって仕方がないのです。

第7ハウスの月の場合は、「知り合い」

というのがキーワードで、交際相手よりも

自分に近しい人の視線が重要なのです

sponsored link

このような姿勢は、恋人を寂しい気持ちに

させますが、月は無意識に働くものなので、

仕方がないのかも知れません。

しかし、このような傾向が行き過ぎると

せっかく好意を持ってくれた相手も

引いてしまう場合もありますから、

自分がどのような人に影響を受けているか

ある程度自覚する価値はあります。

意識的に違うファッションを取り入れてみたら

どうでしょうか。

そうすることで、自分が影響を受けている

傾向に自覚的になれます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!