瀧波ユカリさんに学ぶ愛情へのアプローチ

漫画家の瀧波ユカリさんのエッセイの面白さは

金星という愛される天体にある豊富な

アスペクトにあるかも知れません。

金星と火星のスクエアという恋愛の葛藤を

抱えつつも、探求心溢れる初期度数の

太陽サイン牡羊座が、恋愛における様々な

冒険へと飛び込ませたでしょうし、

何よりもそのような金星と海王星、冥王星が

インコンジャクトで、ヨッドを作っています。

sponsored link

金星と火星のスクエアで恋愛、愛情に関する

問いを自ら立てて、金星と海王星冥王星の

ヨッドで恋愛の道、愛情の道を探求しつつ、

その金星が他人からどのように見えるかが

気になるというか、それが他者からどう見えるか

研鑽を積みながら、自分が立てた問いに

答えているのです。

それはまるで過去にやり遂げた数々の

冒険の記録を回想しながら紡ぎ続ける

冒険家のようです。

エッセイは、これから後に続く愛情における

冒険を志す人たちが、遭難しないための

羅針盤になり得る回顧録のようでもあります。

瀧波ゆかりさんのエッセイの素晴らしいところは、

恋愛だけにとどまらず、愛情全般を照らして

くれているところかも知れません。

このようなことが起こり得るし、私は過去は

こう感じていたけれども、今はこう思うと

展開しながら、「あなたはどう思う?」と

聞いてくるような余白があります。

その余白を埋めるのは、読者の仕事です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!