第12ハウスの月という母親の影響力

sponsored link

第12ハウスの月に関しては久し振りで

もしかしたら以前にも同じことを

書いているかも知れません。

書いていたらご勘弁して下さい。

第12ハウスの月が表す母親との関係は

とても乱暴な言い方をすればマザコンです。

マザコンと言うと母親に甘えているという

イメージですが、第12ハウスの月で言う

マザコンは母親に憑りつかれているという

意味でのマザコンです。

母親の意思が巧妙に隙間なく子供である

本人の意識の中に入り込んでいる状態に、

子供である本人が無自覚な状態が、極端に

言えば一生続きます。

無自覚に母親に支配されている状態を

マザコンと言わずして何と言えば

良いのでしょう。

第12ハウスに月があるタイプの人で、

そのような影響を40歳で気が付いても、

50歳で気が付いても遅いということは

ないと思います。

それくらい第12ハウスに月がある人の母親が

意味するところの影響は難しいものがあります。

この月に対して、サインやアスペクトを作る

天体で様々な変化がありますから、母親に

支配された状態の方が幸せということも

十分あるので全てを否定的に捉えないで下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!