美しさを劣化させない方法

sponsored link

若い頃に姿形が美しい状態は、美しくない

輪郭を可能な限り省いたものです。

それはとてもシンプルな美しさですから

神々しさと同時に稚気も多分に含む

不安定な美しさです。

年齢を重ねて様々な影響を受けると

劣化する場合があります。

劣化というものは、遺伝的な美しさに対して

年齢と不相応に加速度的にバランスを崩し

醜くなることと考えています。

劣化するどころか、遺伝的な美しさを

乗り越えて年齢と共に美しさを増す

タイプの人は、自分自身の意思でもって

様々な影響を柔らかくまとめ上げていきます。

言い方を変えれば姿形の輪郭を形作る線が

一本ではなく複雑に何層にも引かれていて、

それが少し遠目で見ると一本の線に

見えるのです。

直線でも曲線でもない複雑さはその人らしさを

柔らかく表現します。

劣化するタイプの人は年齢と共に積み重なる

様々な影響や体験を自分らしくまとめずに

ただ乱雑に自分の輪郭に積み重ねていきます。

様々な影響をどのように自分らしくまとめて

いくかは、個性によって様々なですが、

ホロスコープをしっかりと読むことで自分の

価値観みたいなものはつかめると思います。

そのような自分自身の価値観に沿って丁寧に

自分らしさを積み上げていくことで劣化を

避けるだけでなく、自分らしい美しさを

増すことが可能になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!