月サインと願い事が叶い易い気持ちの関係

日々の運勢は基本的に月で考えます。

日々の運勢は取るに足らないようなものに

思えるかも知れませんが、一日で拾える

幸運の量がその人の本当の器です。

占星術的に言えば、その日のトランジットの

ホロスコープが内包するものの中から

どれくらい自分に必要なものを拾えるか

ということになります。

その道具自体は水星や火星だったりしますから

その辺りも気にしたいところです。

取りあえず考えるだけ、コミュニケーションを

図るだけとか、今日は自分にとって実行に移す

タイミングの日とかの判断は人それぞれです。

sponsored link

本当は公転周期が長い天体の方が影響は

強いのですが、仮に冥王星で運勢を考えると

しばらく同じような運勢のままと言うか

太陽サイン何度から何度の人は・・・

みたいな書き方になります。

そのような時間の流れにいると人は

その時間が作り出す環境に慣れてしまって

ずっとその状況が続くと感じるようになります。

不幸な人はこのままずっと不幸が続くと

考えるようになって絶望し易くなりますし、

今が幸運の人は根拠なく、そのような状況が

死ぬまで続くように感じがちです。

ですから、そのようなゾーンに入ってしまうと

それが日常になってしまい、結局は月サインが

感じる気持ちの変化に一喜一憂しながら

日々を過ごします。

加えて人間の器みたいなものがあって、寿命や

生活リズムのサイクルの変化を冥王星のような

天体で考えるわけにはいきません。

人は冥王星の公転周期ほど生きられないからです。

専業主婦と兼業主婦はどちらが幸せになれるか。

に少し書きましたが、月サインが幸運の

スプーン(受け皿)となって、太陽サインが

示す理想の器に少しずつ幸運を注ぎ続けるような

尺度が日々の積み重ねに丁度良いのです。

太陽を幸運を拾うスプーンにすると約80回ほどで

人生が終わってしまいます。

それでは様々なチャンスが80回くらいしかない

人生になります。

受験や就職活動のような年度単位のものは

それに近いかも知れません。

実際には年単位もスプーンも使用しますが、

個人の幸せに関することや活動の尺度は

年単位であっても月サインの積み重ね

(約28日間)集まりです。

月は受身で基本的にネガティブな性質ですから

理性を上手く使って常に前向きにしてあげる

ことでより沢山の幸せをキャッチします。

sponsored link

その人のトランジットの月の影響から生まれた

幸福感は約1週間ほど続きます。

それは何か失敗して落ち込んでも1週間くらい

ということですが、どのような要素も自分の

太陽サインにせっせと運び込んで(月は自分で

取捨選択が出来ません)太陽サインの運を

作り出します。

今年はこんな1年だったなという感じで

積み上がっていきます。

ネイタルのホロスコープは変わりませんが、

そこに周囲の影響やトランジットの影響が

加わることで、毎日異なる運勢がやって来ます。

ホロスコープの中には沢山の感受点があり、

それらに動きを与えるアスペクトの種類も

マイナーアスペクトまで入れるとかなりの数に

なります。

しかもそれぞれの意識の階層を見るかのように

占いの技法や種類も沢山あります。

科学や常識も時代と共に変わりますから

どのようなものが正解なのかは本当は

分かりませんし、もっと言えば分かる必要も

ありません。

感じること(月の受け皿で拾ったこと)が

とても大切です。

ただ感じたままを、どこでもそのまま出しては

いけないのが社会です。

そこでその人なりの調整方法が作られていきます。

第5ハウスの創造性です。

お金を得る方法としては第2ハウスです。

社会的な立場もないと世の中は冷たいので

第10ハウスも重要です。

そうなると、自分の何々ハウスの支配星と

月の関係は今日はどうかな?とか細かく考えると

切りがありません。

運勢はざっくりと月サインのスプーンが運ぶ

幸運をちゃんと太陽サインに入れてあげることが

出来るかなくらいで丁度良いと思います。

あんまり神経質にならずに良いなと感じる

気持ちをアンテナにして進める方向に

向かっていくことが大切です。

月サインは同じ場所にいると腐ります。

常に意識的に新しい気持ちを感じさせて

あげることで倦怠感が吹き飛び幸せな

気持ちになります。

そしてそれもまた長期間は続きませんから

また良いなと感じる方へ前進していくことの

繰り返しです。

そんなことと思われるかも知れませんが、

シンプルなやり方ほど上手くいきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!